ゴルゴンのお城巡りとB級グルメの旅

日本百名城スタンプラリー2周目にチャレンジしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキング クリックしてね!

小諸城 日本百名城18城目!(1周目)

 

小諸城

別名: 酔月城(すいげつじょう)白鶴城(はくつるじょう)

所在地: 〒 384 - 0804 長野県小諸市丁 311

城地種類: 平山城(穴城)

築城年代:天文23年(1554)

築城者:武田信玄

天守の現況・形態: 天守台のみ

文化財史跡区分:国指定史跡・重要文化財2点

小諸城登城!百名城 No.28  2010.11.20

f:id:Gorgon:20170709104538j:plain

週末2日間で長野県のお城5城制覇の旅3城目はここ " 小諸城 " へ

 

二の丸跡石垣

f:id:Gorgon:20170709105037j:plain

石垣の石一つ一つが大きくてとても重量感があります。

実に見事な野面積みの石垣です。(復元された石垣)

 

三の門料金所横石垣

f:id:Gorgon:20170709105710j:plain

大きい石はいったい何㎏あるのか?

石垣に付いている木札にはこの石垣の説明が書いてありました。

「廃城後にここにあった石垣は道路工事に使用されてしまいました、昭和59年に当時よりも大きい石を使用し復元しました。」と。(なぜ同じ大きさで復元しないの?)

 

南丸跡

f:id:Gorgon:20170709110205j:plain

南丸の石垣はよく見ると垂直に積まれています。

南丸は二の門の上を渡って二の丸につながり、三の門から二の門前の守りを固めています。

 

黒門橋

f:id:Gorgon:20170709110747j:plain

当時の黒門橋は別名 " 算盤橋 " とも呼ばれ、橋にはそろばんのように車が取り付けられ、敵が侵入した際には簡単に橋を取り外せるようになっていたそうです。

 

本丸虎口

f:id:Gorgon:20170709113040j:plain

本丸入口にある虎口です、この高石垣は角度、高さともに立派で

まさに「最後の砦」的な感じです。落城させまいとする作り手の気迫が

伝わって来る感じです。

 

本丸跡

f:id:Gorgon:20170709113537j:plain

現在本丸跡には " 懐古神社 " があります。

ここには荒神(火の神)、天神(学問の神)、牧野氏歴代藩主が祀られています。

 

高石垣

f:id:Gorgon:20170709114153j:plain

天守台付近に広がる高石垣郡です、野面積みの石垣が素晴らしい!

見た感じかなり古い物に見えるので、もしかしたら往時の石垣なのか?

 

天守台石垣

f:id:Gorgon:20170709114850j:plain

よく見てみると隅石の部分が " 算木積み " になっています。

野面積みに算木積みを見てとれるとは、来てよかったと思う瞬間です。

 

天守台石垣 2

f:id:Gorgon:20170709115352j:plain

ここ小諸城は石垣の上部に安全柵等はありません。(2010年当時)

あくまでも個人的な意見ですが、お城に安全柵はいりません。

 

天守台石垣 3

f:id:Gorgon:20170709120006j:plain

石垣がやや「はらんで」います、長い年月と土圧によりそうなっているのでしょうか?

でも算木積みの稜線はしっかりとしている感じです。

 

焼き石による石垣

f:id:Gorgon:20170709120649j:plain

三の門から動物園に向かう途中にある石垣ですが、看板に書いてあるとおり。

浅間山の噴火の際、噴出した自然石を使用しています。(溶岩?)

これは珍しい石を使用したとても貴重な石垣だと思いました。

 

空堀

f:id:Gorgon:20170709121156j:plain

ここ小諸城は、丘陵地が浸食を受けて深い谷をあちこちに形成しており、この深い谷を堀として利用しているため、写真のように巨大な空堀が城の周囲に巡らされています。

 

ご当地ゆるキャラ

f:id:Gorgon:20170709134718j:plain

まさかと思い調べてみたら…。 い、いました。

「こもろん」頑張ってもらいたいものです。

 

 

 スタンプ押印

f:id:Gorgon:20170709121723j:plain

スタンプ設置場所: 懐古園事務所

スタンプの状態:普通 " 縁がやや滲んでいるのと中央辺りに空白部分が…。

 

小諸城

見所ポイント:大手門三の門天守各石垣群空堀、動物園、等

駐車場:懐古園第一駐車場(有料)小諸大手門駐車場(有料

総評:苔むした野面積石垣で積まれた天守台周辺の景色は、島崎藤村の詩

「小諸なる古城のほとり」と詠まれた古城のイメージにぴったりである。

と、手元の資料に書いてあります。

まさにそのとおりで、苔むした自然石による石垣群をながめていると時間の経つのを忘れてしまいます。

まるでゆっくりと時が流れているかのような錯覚に陥ります。

そして大自然が作り出した深い谷を利用した巨大な空堀も圧巻の一言に尽きます。

再びここを訪れ、ゆっくりと石垣群を堪能したいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った人はクリックして下さい。
お城巡りランキング