ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

多気北畠氏城館・霧山城登城! 続日本100名城35城目 北畠氏・栄華の痕跡~

多気北畠氏城館・霧山城

別名:北畠氏館。

所在地: 〒515 - 3312 三重県津市美杉町上多気1148。

城地種類: 城館・山城。

築城年代: 14~15世紀頃。

築城者: 不明。

主な関連施設:美杉ふるさと資料館(パンフレット)北畠神社社務所(スタンプ)。

文化財史跡区分: 国指定史跡・名勝

北畠氏館跡庭園

f:id:Gorgon:20210723223309j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城を発表し

ました、三重県からは 津城、赤木城、田丸城、そして" 多気北畠氏城館 " が選

ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。

今回の多気北畠氏城館 をもって続日本100名城、登城35城目とします。

2021.5.3登城。

多気北畠氏城館・霧山城概要:

北畠氏城館群は現在の三重県津市美杉町多気にあり、山頂の詰城である霧山城と麓にある北畠氏館跡から構成されています。この地は北畠氏が8代、実に230年余りにわたって本拠としていましたが、1569(永禄12年)に織田信長の侵攻により開城、信長の次男信雄(のぶかつ)を養子に迎えたが、その信雄の謀略により北畠具教以下、旧北畠氏一族は謀殺され北畠家織田家に乗っ取られてしまいます。現在では山麓の城館跡と庭園、山頂には霧山城が残り、その遺構も良好な状態で残っています。

北畠神社と駐車場

f:id:Gorgon:20210723225946j:plain

この鳥居の前に神社参拝者用の駐車場がありますが、数台しか停められません

なので、その横にあるJAの駐車場に駐車させていただきました(土日、祝日)

なら問題ないとの事。(駐車場緯度経度:34.517576, 136.299076 )

北畠氏城館・説明看板

f:id:Gorgon:20210723231512j:plain

 鳥居の近くに北畠氏城館跡にかんする説明看板があったので読んでみます。

なるほど、城館跡と庭園、そして霧山城が見所ポイントのようですね。

北畠顕家銅像

f:id:Gorgon:20210723232902j:plain

この人は誰だろう?早速調べてみる…。

なんでも後醍醐天皇に命じられ、足利尊氏の軍勢を破り九州まで退けた活躍

をしたが、その後再び攻め込んできた足利尊氏勢との戦いで負け、21歳の若

さで戦死したという悲しい経歴の持ち主らしい。

 

日本最古の石垣

 

f:id:Gorgon:20210723234618j:plain

先程の銅像の近くにこちらの説明看板がありました。

なんでも中世館跡では、日本最古の石垣との事、期待に反してこの石垣は何処

にもありませんでした。(現在は土の中に埋め戻されています)

他にも、石垣に関する説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20210723235203j:plain

現在は完全に埋め戻されている為、どの場所の事を言っているのかさっぱり分

かりませんでした。

礎石建物跡

f:id:Gorgon:20210723235522j:plain

北畠氏館跡では、礎石建物と呼ばれる石の上に柱を建てる構造の建物が数棟

確認されています。

面積が小さな建物であるにも関わらず、礎石を使用し全面に束柱を持つという

構造から格調の高い建物であったと考えられています。(説明版より抜粋)

 

いざ霧山城へ

f:id:Gorgon:20210725103102j:plain

この日朝一で訪れた為、北畠神社社務所はまだ開いてなく、当然ながら北畠氏

館跡庭園も見学できないので、先に詰城と呼ばれる場所と霧山城を見に行きま

す。

 

f:id:Gorgon:20210725103455j:plain

 先程の神社入口から、少し登った所にこの登城口があります。

 「霧山城址1350m」とあります、往復で2700m、さらに遺構を見るのにあち

こち歩き回ると約3000mは歩く事になるな…。 

 

詰城説明版

f:id:Gorgon:20210725104237j:plain

登城口から山道を登って行くとすぐにこちらの詰城跡へと到着します。

郭Bと呼ばれる場所を中心とした、小さい縄張構造の詰城となります。

本格的に籠って戦うという感じのものではない感じです。

 

眺望?

f:id:Gorgon:20210725111236j:plain

資料では、「この郭Aから館跡周辺が見渡せる」と書いてあったのですが、実際

にはこんな感じでした。

 

 

 

f:id:Gorgon:20210725104941j:plain

主郭の東側にある郭Aとなります、この北側(正面)に竪堀があるはずでした

が、目視で確認できませんでした。

 

郭Bの切岸

f:id:Gorgon:20210725105458j:plain

先程の郭Aから郭Bを見上げた写真がこちら↑

説明版には道が描かれていたのですが、ご覧の通り道がありません。

なので直登します↓

 

f:id:Gorgon:20210725110025j:plain

この郭Bは東西に細長く35m余りあると記されていますが、大人数で籠る程の

広さではないので、この詰城と呼ばれている防御施設の利用目的はどの様な

ものであったのか?とても気になります。

 

郭B西側の堀切

f:id:Gorgon:20210725111744j:plain

杉の木が密集して生えているので、とても見にくいですが、郭B西側の堀切と

なります。

これで館裏の詰城散策は終了、霧山城へ向かうためにひたすら山道を登ります。

 

南郭手前の削平地

f:id:Gorgon:20210725112532j:plain

登山道を延々と延々と(2回も言った)登って行くと、鐘突き堂と呼ばれる南郭

の手前(東側)にある削平地に着きます。

この南郭の東尾根には3つ程の削平された郭がありました。

 

南郭(鐘突堂)入口

f:id:Gorgon:20210725113307j:plain

この向かって右手の道を進んで行くと主郭方面へ行くことができます、まずは

左手の南郭から見ていきます。

 

南郭

f:id:Gorgon:20210725113704j:plain

この南郭は、3つの尾根が合流する形の山頂部分を削平して造られており、周囲

を急峻な切岸で囲み、北西と南西の尾根筋に堀切を設ける等、しっかりとした

造りの防御構造となっています。

 

南郭南西の堀切

f:id:Gorgon:20210725114557j:plain

数百年経っているので、だいぶ埋まってはいますが立派な堀切です。

ここ霧山城の遺構は人為的に破壊されていないのか、比較的良好な状態の遺構

を見学する事ができるので、とても見応えがあります。

これで南郭の散策は終了、いよいよ北郭へと向かいます↓

 

北郭・主郭虎口

f:id:Gorgon:20210725115510j:plain

この主郭には東側と南西側に虎口がありますが、こちらは東側の虎口。

なにしろ土で造られているので、だいぶ崩れてしまってはいますがはっきりと

虎口だと判断できます。

 

霧山城・主郭

f:id:Gorgon:20210725115838j:plain

先程の東側虎口付近から主郭の内部を撮ったのがこちら↑

ここ主郭は囲み土塁となっており、周囲の急峻な切岸と合わせて堅固な造りの

防御施設となっています。(土で造られているのである程度劣化してますが)

 

主郭北東の堀切

f:id:Gorgon:20210725120500j:plain

 こちらは主郭と副郭とを隔てる堀切となります、実物の堀切は写真で見るより

も大きく深さもあり、とても迫力がある堀切となっています。

 

副郭

f:id:Gorgon:20210725121033j:plain

北郭群は主に主郭と副郭を中心に、北東~南西へと細長い形で縄張が構成され

ており、ここ副郭は広さは主郭と同等かそれ以上で、囲み土塁(南側は無い)

と急峻な切岸で、主郭に負けず劣らずの防御構造となっています。

 

副郭からの眺望

f:id:Gorgon:20210725121808j:plain

副郭からの景色がこちら↑、この霧山城のある場所が、いかに山奥にあるかを感

じてもらえると思います。

(当日霧山城には十数人の人が来ていましたが、自分以外はほぼハイカーの

人達でした)

 

副郭北東の堀切

f:id:Gorgon:20210725122425j:plain

こちらは副郭の北東にある堀切で、これまた見事な堀切となっています。

現在でこれだけの代物なので、往時はきっと大迫力の深い堀切であったに違い

ない。

 

f:id:Gorgon:20210725122908j:plain

見事な堀切ですね、麓の館跡から延々と何も無い山道を登って来ただけに、

喜びもひとしおです。

これで北郭群の北東は散策終了、一旦主郭へと戻ります↓

 

 

霧山城の標柱

f:id:Gorgon:20210725123433j:plain

ここ霧山城の主郭には、この標柱の他にも城址碑などがあるのですが、この山奥

までどうやって運んだのだろうか?

これで霧山城の散策は終了、時間的に神社社務所が開いているはずなので、下山

してスタンプと庭園見学をします。

 

北畠氏館跡庭園

f:id:Gorgon:20210725124041j:plain

 室町時代伊勢国司・北畠晴具の義父だった管領細川高国が作った池泉観賞

様式の武家書院庭園となります。

 

f:id:Gorgon:20210725124427j:plain

こちらの庭園は「日本三大武将庭園・日本名園五十撰」に選定される程の格式

高い庭園となっており、ここ北畠氏館跡の見所のひとつとなっています。

開園時間:09:00~17:00。 

見学料:¥300-。

年中無休となっています。

 

霧山城ログ

f:id:Gorgon:20210725125403j:plain

距離3km、比高240m、消費カロリー1108kcal、久しぶりに良い運動(山登り)

をさせていただきました。

 

f:id:Gorgon:20210725130028j:plain

ここ霧山城がどれだけ山奥にあるか、分かってもらえると思います。

どれだけ山奥にあろうとも、霧山城の遺構は見応えがあるので是非行かれる

事をお勧めします。

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20210725130356j:plain

スタンプ設置場所:北畠神社社務所

スタンプの状態 " 管理状態は良いが、ふちに付くインクに注意。

スタンプの印影:ここはどこですか?。

多気北畠氏城館

見所ポイント:館跡、館跡庭園、霧山城南郭群北郭群堀切土塁、虎口、等。

駐車場:北畠神社専用駐車場(数台)神社隣のJA(休日のみ)20台程度。

総評:北畠氏城館・詰城・霧山城は、北畠氏が8代、230年にもわたりこの地を収めてきたまさに北畠氏の「栄華の痕跡」ともいえる遺構で、その貴重にして見応えのある文化財と遺構を間近で見る事ができます。特に北畠氏館跡庭園霧山城は見応え抜群なので是非見学される事をお勧めします、その霧山城はかなり山奥にあり起伏が激しい箇所もあるので、山登りの装備で挑んで下さい。こんな貴重な遺構を間近で堪能できる多気北畠氏城館・霧山城へ週末あたり訪れてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紀伊 赤木城登城!続日本100名城34城目 北山地域支配の拠点・総石垣造りの城~

赤木城

別名:無し。

所在地: 〒519 - 5404 三重県熊野市紀和町赤木字城山。

城地種類平山城

築城年代: 1589(天正17年)頃?。

築城者藤堂高虎

主な関連施設:道の駅熊野・板屋九郎兵衛の里(スタンプ&御城印)2021.5.2現在。

文化財史跡区分: 国指定史跡

主郭西側の石垣

f:id:Gorgon:20210710222325j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城を発表し

ました、三重県からは 津城、多気北畠氏城館、田丸城、そして" 赤木 " が選

ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。

今回の 赤木城をもって続日本100名城、登城34城目とします。

2021.5.3登城。

赤木城概要:

現在の三重県熊野市紀和町赤木の標高230mの丘陵上に、北山川流域の支配の目的のため、藤堂高虎によって築かれたと云われています。

 主郭を中心とした三方の尾根上と裾部に郭を設け(東郭、北郭、西郭)、丘陵地の地形を活かした山城の縄張特性を持ちながら、高く積まれた石垣(野面積)や発達した虎口など、近世城郭の要素も見受けられる等、極めて貴重な城跡となっています。

赤木城鳥瞰図

f:id:Gorgon:20210711085933j:plain

出典元:「余湖君のホームページ」http://yogokun.my.coocan.jp/ 

こちらの「余湖君」さんが作図された鳥観図はとても見やすいですね。 

毎度、使用させていただき有難うございます。

赤木城専用駐車場

f:id:Gorgon:20210710230109j:plain

 アクセス:

JR紀勢本線熊野市駅」から車で約35分。

紀勢自動車道「熊野大泊IC」から車で約40分。

このように、かなりの山奥にあるので車でもこの時間がかかります。

駐車可能台数は約25~30台程度。(トイレあり)

赤木城の由来

f:id:Gorgon:20210710231150j:plain

駐車場に赤木城の説明看板があったので、見てみましょう↑。

なるほど、とても素晴くそして貴重な城跡なんですね。

 

東郭・虎口

f:id:Gorgon:20210710231523j:plain

場所は鳥観図の①となります。

駐車場から登っていくと最初に出てくる虎口で、虎口を挟むように東郭1と

東郭2が存在しています。

門跡では礎石が2石残っており、間口8尺・奥行6尺の四脚の門があったと推定

されています。

 

f:id:Gorgon:20210710232135j:plain

東郭の東側となります、切岸からの石垣で東側の防御としています。

因みに、東郭内部の発掘調査は行われていませんが、礎石がいくつか見られる

ことから建物があったと推定されています。

 

 

f:id:Gorgon:20210710232510j:plain

虎口の北にこのような " 横矢掛 " の工夫が見られます。

 

 

f:id:Gorgon:20210710233826j:plain

こちらは東郭2の先端部分の石垣となります。

石垣は崩れ、荒れ放題だった赤木城を管理保存計画に基づいて発掘調査と整備

工事が行われ、現在のような美しい石垣が見られるようになりました。

なので、外見からは現存の部分と積みなおしの部分の区別がほとんどつきません。

(内部の石には、印がされているので分かるとか…)

 

下段の虎口

f:id:Gorgon:20210710235245j:plain

 場所は鳥観図の②となります。

ここ赤木城の主郭入口手前には、二重の虎口が設けられており、写真の虎口は

通称「下段の虎口」と呼ばれています。

この下段の虎口には階段は無く、往時は梯子のような物を使って登ったり下

りたりしていたと考えられています。

上段の虎口

f:id:Gorgon:20210711000841j:plain

この辺りの造りはとても堅固で、通路を何度も折り曲げて虎口とし、門を設置

して主郭前の防御としていました。

 

f:id:Gorgon:20210711001233j:plain

この虎口周辺の石垣は、損傷がとても激しい状態でした。

恐らくは破城の際に、敵方に利用される事を防ぐ目的で意図的に崩されたの

ではないかと考えられています。(パンフレットより引用)

 

主郭南の石垣

f:id:Gorgon:20210711001807j:plain

奥に見える横矢掛の部分は、もしかしたら櫓が一基あったのかもしれません。

(石垣の形状からそう思いました、あくまでも私見です)

 

f:id:Gorgon:20210711002342j:plain

それにしてもカッコイイですね、ここにどの様な門があったのか?

想像するだけでも楽しくなってきます。

 

鏡石

f:id:Gorgon:20210711002638j:plain

門跡の石垣部分に一際大きな石がありました、「鏡石」ですね。

こういう所もまた、素晴らしくてカッコいい!

 

 

f:id:Gorgon:20210711003053j:plain

主郭の東側を一直線に走る高さ約4mの高石垣となります。

当然ですが、他の郭よりも石垣が高く、丁寧に積まれています。

このまま北側へと進み、北郭と主郭北側の石垣を見にいきます↓

 

北郭

f:id:Gorgon:20210711003756j:plain

場所は鳥観図の北郭となります。

この北郭は北側と東側に低い(1m未満)石垣がありますが、西側にはありま

せん。(この方向からの攻撃はあまり想定されていない感じでした)

 

主郭北側の高石垣

f:id:Gorgon:20210711004320j:plain

 主郭北側の横矢部分の石垣となります。

隅石が若干、算木積みっぽくなっているように見えます、算木くずれみたいな。

 

主郭西側の隅石

f:id:Gorgon:20210711074314j:plain

場所は鳥観図の③となります。

主郭をとり巻く野面積の石垣は、何とも形容しがたい見事な " " を醸し出し

ています。

 

f:id:Gorgon:20210711075250j:plain

石垣好きにはたまりませんな…。

 

主郭南端の石垣

f:id:Gorgon:20210711075543j:plain

場所は鳥観図の④となります。

この形状、位置から推測するにこの場所には櫓が鎮座していたのかな?

知らんけど…。

ここの隅石が、一番個性的で迫力がありました。

 

赤木城・主郭

f:id:Gorgon:20210711080051j:plain

主郭部分は一番高い所にあり、城下からの比高は約30m程になります。

 広さは約800㎡なので、小さい城跡なのが分かると思います。

 

f:id:Gorgon:20210711081625j:plain

こちらは主郭南端からの景色となります。

この主郭に残っていた礎石は、他の郭に残っていた物よりも大きかった事から

、他の郭にあった建物よりも立派な建物があったと考えらています。

次に城の南西にある西郭へと進んで行きます↓

 

西郭1

f:id:Gorgon:20210711082126j:plain

この西郭1では、2棟の礎石建物と室(食物などを所蔵する施設)か水溜と思わ

れる石組み遺構が見つかりました。(説明版より引用)

 

西郭1からの西郭2

f:id:Gorgon:20210711082709j:plain

この真下に見える西郭2からも、礎石の跡が幾つか見られるため、建物があった

と考えらえています。

 

f:id:Gorgon:20210711083109j:plain

西郭1の石垣を間近で見た写真がこちら。

発掘調査の結果、西郭からは天目茶碗や砥石、釘などが出土しています。

ここから南郭へと進んで行きます↓

 

南郭1・2

f:id:Gorgon:20210711083555j:plain

南郭は、他の郭と違い山裾に築かれています。

これは、他の郭が防御の役割を担っていたのに対し、南郭は主に生活の場で

あったためと考えられています。

「南郭1」と「南郭3」では、かまど跡も見つかっています。

(説明版より引用)

南郭3

f:id:Gorgon:20210711084203j:plain

こちらが「かまど跡」のあった南郭3となります↑

かまどは三方を石と粘土で固め、土が焼けて赤色に変色していました。

付近にはかつて、4基のかまど跡が残っていたと言われており、生活色の強い

場所であったと考えられています。(説明版より引用)

これで赤木城の散策は終了、下城しました。

 

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20210711084826j:plain

スタンプ設置場所:紀和鉱山資料館から→道の駅熊野・板屋九郎兵衛の里に場所が変更

         されています。(2021.5.2現在)

スタンプの状態 " 屋内管理なので状態は良い。

スタンプの印影:石垣造りの虎口部分。

 

御城印

f:id:Gorgon:20210711085546j:plain

御城印販売場所:道の駅熊野・板屋九郎兵衛の里

御城印のサイズ:通常サイズ。(日付は入りません)

御城印の値段¥:一枚300円。

紀伊 赤木城

見所ポイント主郭、東郭、西郭、南郭、北郭、野面積の石垣横矢掛虎口、等。

駐車場赤木城専用駐車場:約25~30台程度駐車可。(トイレあり)

総評:主郭を中心に三方の尾根と山裾に郭が設けられる、中世山城の縄張を展開しつつも、総石垣造りに横矢掛という近世城郭的な要素も合わせ持つ、とても貴重にして面白い城跡に感動と興奮を抑える事ができませんでした。江戸時代に改修等の手が加えられていないため、往時の様子を伝えるとても貴重な遺跡となっているので見応えがあります、こんな見所満載の赤木城に週末あたり訪れてはいかがでしょうか。

(石垣好きにはたまらない城跡となっております)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング