ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

若狭・小浜城登城!完成まで45年もの歳月を費やした海城~

小浜城

別名: 雲浜城。

所在地:〒917-0095 福井県小浜市城内1丁目7番55号 。

城地種類: 平城。

築城年代:1601年(慶長6年)。

築城者: 京極氏・酒井氏。

主な関連施設:小浜神社(本丸内)。

文化財史跡区分: 県指定史跡。

天守台北東部の石垣

福井県小浜市に、「小浜城」という、高石垣が素晴らしい平城があると聞き、行ってきました。

2022.5.2.登城。

小浜城概要:

場所は現在の福井県小浜市に位置し、小浜湾に流れ込む2本の川に挟まれた " 雲浜 " (うんぴん)と呼ばれる三角州に築城されました。1600年(慶長5年)関ヶ原合戦で大津城に籠城し、西軍の攻撃を防いで関ヶ原への進軍を足止めした功績により、若狭国を領有した京極高次が1601年(慶長6年)に築城を開始。その後、酒井忠勝が後瀬山城に入り小浜城の工事を継続、1645年(正保2年)についに小浜城が完成しました。

簡素な説明看板

小浜城は明治維新後、火災により多くの建物を焼失してしまいました。火災の後、二の丸、三の丸、北の丸、西の丸の濠も埋め立てられてしまい、現在では天守台と本丸石垣が現存するのみとなっています。

 

算木積と矢穴石

築城が1601年~1645年とあるので、江戸時代初期頃の切出し技術と石積み技術を堪能する事ができます。

 

 

ここ小浜城の石垣は " 打込み接ぎ " で積まれており、隅石の部分は " 算木積み " となっています。

 

 

このサイコロみたいな石、いい味出してます!(ここ小浜城の石垣には、矢穴の跡がある石材が多数使用されているので、好きな人にはたまりません。)

 

天守台北東部の石垣

ここ小浜城の石垣で、個人的に一番気に入った構図がこちら↑。隅石の下部にある矢穴の跡で「そこで割らなかったんかいっ!」とツッコミたくなる隅石です。(恐らく何らかの事情があってこうなったんだと思いますが、その理由が知りたい。)

 

 

先程の場所から少し移動して撮った写真がこちら↑。算木積みの隅石がとても力強く、ごつい感じで良いですね。

 

 

天守台の北側には内堀(現在は埋め立てられています)に沿って石垣が続いていて現在でもその姿を見ることができます。

埋門から南を見る

元々河川の中州だった軟弱地盤に、このような高石垣を造るのだから恐らく築城工事は相当難航したのではないかと思われます。(実際に築城開始から45年もかかっている)

どうやら石垣沿いに移動して見学できるみたいなので、このまま本丸の西側へと進んでいきます。

 

本丸西側・石垣正面

写真左上部分とそれ以外の部分とで、石材の色と大きさが明らかに違います。ここでいよいよ天守台の高石垣を見るために少し南へと移動します↓

 

天守台北西・隅石

見事な高石垣ですね、隅石部分の算木積みも良い造りになっていて素晴らしい。少しだけ移動して違う角度から隅石を見てみます。

 

 

いや~!良い仕事してますねぇ~」思わず声が出る。天守台の高さが約11mとの事なので、とても立派な天守台である事がうかがえます。

 

 

余りにも見事なので、下から「へばり付き」で一枚撮ってみました。

 

天守台西側

隅石部分とは違い、この辺りの石材は小さく不揃いなので、高く(11m)積むのはとても難しいのではないかと思いました。

 

天守台南西・隅石

それにしても隅石の「ごつい」感じがたまりません!時間が許すならいつまでも見ていたい……。

 

 

往時、この高石垣の上には、三重三階層塔型天守(18m)が建っていたとされています。と、いう事は高石垣の高さ(11m)と天守の高さを合わせると実に29mもの高さになります。その天守からの眺めはどれだけ素晴らしかったことか…。

 

天守台東南・隅石

気のせいかここの隅石部分はやや不格好な感じが……。き、気のせいだな、きっと…。

 

 

 

隅石の矢穴が良い感じです。「男の顔についた傷が勲章なら、石垣の石にある矢穴跡も勲章である」と、ある男(石垣の隅石にへばり付いてた奴)が言っていたとかいないとか?

 

 

ハート型とはいえませんが、それっぽい雰囲気は醸し出しています。

 

天守台東側

隅石が良い味出してます。因みにこの天守台に使用されている隅石は、蘇洞門から舟で運ばれてきたらしい。

 

 

途中で止めたんですね…。

 

天守台入口

天守台へは普通に入る事ができるので、こちらの階段を登っていきます。

 

 

天守台から北側を見た写真で、このような幅のある石垣が北側まで続いていきます。この天守台に説明看板があったので見てみます↓

 

ちゃんとあるではないですかっ!しっかりとした説明看板が…。

 

天守台南西からの景色

天守台(11m)からの景色となります、これが三重三階層塔型の天守(18m)最上階から見たら、さぞかし良い眺望であったであろうと想像に難くない。

 

天守台上部

小浜城の天守指図には、三重天守の他に五重天守の指図もあったと云われています。と、いう事はこの天守台は五重の天守を乗せるだけの強度をもった設計で造られているという事になりますが、果たして……。

小浜城

見所ポイント:本丸、石垣天守台高石垣、小浜神社、等。

駐車場:小浜神社と併用の駐車場(2台)。

総評:往時は本丸を中心に二の丸、三の丸、北の丸、西の丸が囲む形の輪郭式平城で、本丸は内堀で囲まれていました。現在では本丸以外の部分はほぼ埋め立てられてしまっておりその姿を見る事はできませんが、本丸の石垣と天守台高石垣は現存しているので見応えがあります。河川の中州という、軟弱地盤に造られ築城に45年もの歳月を費やした、まさに「血と汗と涙の結晶」ともいうべきここ小浜城に、週末辺り訪れてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

下総・本佐倉城登城!続日本100名城 41城目 千葉氏当主、9代の居城~

本佐倉城

別名:将門山城。

所在地:〒285-0926 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉字城ノ内  。

城地種類平山城

築城年代: 文明年間(1469~1487)頃。

築城者:千葉 輔胤(ちば すねたね)。

主な関連施設:駐車場内にある本佐倉城案内所(スタンプ、パンフレット、等)。

文化財史跡区分国指定史跡

東山北側の切岸

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城を発表しました、千葉県からは 大多喜城 そしてここ” 本佐倉城 ”が選ばれました。スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。今回の ” 本佐倉城 ”をもって続日本100名城、登城41城目とします。

2022.3.21.登城。

本佐倉城概要:

場所は現在の千葉県印旛郡酒々井町になります。印旛裏の南岸に位置し、東西700m、南北約 800m、約 35ha にも及ぶ巨大な城郭でした。城を中心に町が広がり、「佐倉」「酒々井」「鹿島」「浜宿」などの4つの城下町があり、千葉氏が9代(約100年)にわたり居城としてきました。1590年(天正18年)秀吉による小田原成敗で、千葉氏は北条方につき敗北。本佐倉城も開城となりその後廃城となりました。

本佐倉城案内図

パンフレットにあったこちら↑の案内図をもとにして、本佐倉城をレポートしていきたいと思います。

国史本佐倉城跡案内所

訪れたのは2022.3.21.ですが、この時点でご覧の通り、広い駐車場に立派なガイダンス施設が出来ていました。(スタンプ、御城印、パンフレット)全てこちらで入手できるので助かります。住所:〒285-0926 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉825。開館時間:09:00~16:00。毎週月曜は休館日となります。

 

城山(主郭)北側

案内所の南側に城山(主郭)があり、駐車場からすぐにこちら↑の景色が目に飛び込んできます。まずⅣの郭手前まで行き、そこから東山~東山虎口へと進んで行きたいと思います↓

 

Ⅳの郭手前

こちらの盾があるⅣの郭を右(北)へと進み、東虎口方面へ進みます。

 

 

東山虎口

案内図の2が東山虎口の入口となります、こちらは東山虎口の南側(城内)になります。折れを伴い城内が簡単に見渡せない造りとなっています。説明看板があったので見てみます↓

 

 

さすがは国指定史跡、説明看板等が充実しています。ここで北東に進路をとり、東山の遺構(土塁、堀切、郭)を見にいきます。

 

虎口土塁

場所は案内図の3となります。この場所までは階段があるので登ってこられます、この場所は遥か遠く筑波山まで見通せる場所で、往時見張り台があった可能性があると思われます。

 

 

先程の場所から北東へ進むと、東山と呼ばれる尾根状の細長い郭があります。そこは主に北側を意識して土塁が築かれています。

 

東山北端の郭

場所は案内図の①となります。東山から堀切が2条、間に挟まる構造になっています。北側にある出丸として、見張りや北東側の防御の役割を担っていたと考えられます。

ここで再び東山虎口へと戻ります↓

 

東山虎口説明看板

このように東山虎口はとても厳重に守られた虎口であった事が分かります。ここから南西へと向かい、セッテイ郭と倉跡郭との間にある空堀を見に行きます↓

 

南奥虎口説明看板

この虎口部分はあまり厳重な感じを受けませんでした。ここから空堀を見に行きます↓

 

セッテイ・倉跡間の空堀

場所は案内図の19となります。こちらはセッテイ郭と倉跡郭とを隔てる空堀となります。空堀は先が見通せないように、曲がりくねった造りとなっており、空堀の高低差(深さ)は10mにも及びます。

 

 

空堀の西側、ちょうどセッテイ郭と倉跡との距離が一番短い部分の空堀となります。
このセッテイ郭は東西をこのような深い空堀で囲まれ、その南北は土塁や傾斜のキツイ切岸で囲まれており、城山(主郭)と同等かそれ以上の厳重な造りとなっています。

 

 

こちらの場所は案内図の②となります。この辺りはまだ整備途中なので、ご覧の通りの感じです。このセッテイ郭の名前の由来ですが、一説には「接待」からきているのではないかと云われています。他勢力の使者や人質などを招き入れた際、暗殺や逃亡などを防ぐ為にこの郭を厳重に監視、管理していたのでこのような厳重な造りになっているという説もあります。

 

セッテイ虎口

場所は案内図の17となります。まだ発掘調査はしていない様子ですが、今後の発掘調査に期待しましょう。ここから南西へと進み、水の手を経由して中池方面へと向かいます。

 

こちらはセッテイ虎口の西側にある空堀となります。この17の位置からセッテイ郭の南西まで深い空堀が続いています。

 

中池中央から奥ノ山へ

こちらの全体図を見ると往時、西側以外は全て湿地帯だったのかな?

 

 

現在の本佐倉城の航空写真となります↑。やはりこうして見ると往時、西側以外は全て湿地帯に囲まれた要害な城であった事がうかがえます。この場所から北へと進み奥ノ山郭へと入り、城山郭へと進みます。

 

奥ノ山西側土塁

倉跡から虎口を入ると、両サイドがこのような土塁で囲まれいます。この奥ノ山郭は内郭群で一番大きい郭となり、千葉氏の守護神妙見宮の基壇と思われる一辺15mの方形壇が発掘されています。

 

 

ここ奥ノ山郭では、廃棄された状態の「かわらけ」が一塊の状態で出土しています。かわらけは、特別な時に当主が儀式や儀礼、宴会等を行う際に大量に使用される素焼きの土器の事で、それらの行事を執り行う当主などの存在を示すものとなります。ここから城山(主郭)方面へと進んで行きます↓

 

奥ノ山・城山間の大堀切

場所は案内図の5となります。こちらの大堀切は奥ノ山と城山とを隔てる堀切で、その高低差は約6mとなります。また、坂を登りきった所には門跡も見つかっています。

 

城山(主郭)の切岸

場所は案内図の4の手前となります。このように城山(主郭)の城塁は傾斜のある切岸によって360度守られています。

 

城山南虎口

城山(主郭)への入口がこちら↑。折坂虎口となっています。ここに虎口に関する説明看板があったので見てみます↓

 

 

虎口の先は二方向に分かれて、土塁と門で厳重に守られていたんですね。どうでもいいが、このマスコットキャラクター、もう少し何とかならんかったのか……。

 

城山(主郭)

ここ城山郭は城主のための空間とされています。主殿で来客を迎えたり、宴会を催したりしていたと思われます。実際にここ城山では大量の " かわらけ " が出土しており、出土遺物の実に97%がかわらけで占められていました。

 

城山の囲み土塁

ここ城山郭は南側の一部を除いて、ほぼ全方位をこのような土塁で囲まれています。切岸の高さに土塁の高さ、さらに板塀が加わり、それは堅固な郭であった事でしょう。

 

スタンプ押印

スタンプ設置場所国史本佐倉城跡案内所。

スタンプの状態: " " 屋内管理でいたずら押しがないので状態は良い。

スタンプの印影:上空からの本佐倉城?。

 

御城印

御城印販売場所国史本佐倉城跡案内所、京成佐倉駅前観光案内所など。

御城印のサイズ:通常サイズ。

御城印の値段¥:一枚300円。

本佐倉城ログ

時間:1時間18分、今回は内郭群だけなのでこの時間、外郭群も見れば半日は必要。

距離:2.3km、内郭群だけでこれなので、外郭群も見れば5kmオーバーは確実。

標高・比高:標高は41m、比高は測定できませんでした。

 

広域

京成酒々井駅から徒歩圏内の物件となります。今回は内郭群のみの散策でしたが、外郭群も散策するとなれば半日以上かかるので、時間に余裕がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本佐倉城

見所ポイント内郭群外郭群横堀土塁虎口堀切切岸、櫓跡、等。

駐車場国史本佐倉城跡案内所(約30台)。

総評:現在の千葉県印旛郡酒々井町に位置し、印旛沼の南側、街道の結節点として水上、陸上交通の要衝に築かれた平山城。湿地帯に半島状に突き出た山を削平して郭にし、深い空堀や土塁などを巧みに配置して造られたここ本佐倉城は、現在においてもその状態の良い遺構を現存させていて、とても見応えがあります。こんな素晴らしい遺構が遺る平山城、” 本佐倉城 ” に週末あたり訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング