ゴルゴンのお城巡りとB級グルメの旅

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキング クリックしてね!

姫路城登城! 日本100名城 53城目        世界遺産・白亜の大天守を求めて~其の一

姫路城

別名: 白鷺城(はくろ じょう)

所在地: 〒670 - 0012  兵庫県姫路市本町68

城地種類平山城

築城年代: 正平元年(1346) 天正8年(1580) 慶長6年(1601)

築城者:    赤松貞範                 羽柴秀吉     池田輝政

主な関連施設兵庫県立歴史博物館

文化財史跡区分世界文化遺産国宝国指定特別史跡重要文化財等。

姫路城天守

f:id:Gorgon:20190728085602j:plain

2011年4月にここ姫路城へと訪れた時はまさに、「平成の大修理」の

真っ最中で天守は工事用の幕で覆われており見る事ができませんでした。

しかも撮った写真も10枚程度、これではブログが書けないので2019年

に再訪する事にしました。(天守が白いうちに)

f:id:Gorgon:20190728092956j:plain f:id:Gorgon:20190728093102j:plain

姫路城概要:

1346年頃に赤松氏が築いた城が原型とされていて、その後羽柴秀吉天正8年(1580)に3重の天守を建てるなどして「姫路城」と命名しました。その後慶長6年(1601)に池田輝政の城となり、ここから本格的にして巨大な近世城郭へと大きく変貌をとげていきました。昭和の大修理から45年後に平成の修理が行われ、漆喰壁の塗り替えや瓦の葺き直し等を5年かけて行い現在にいたります。平成5年(1993)に日本の木造城郭建築の代表例として世界文化遺産に登録されました。

三の丸南西

f:id:Gorgon:20190908081858j:plain

当日は朝の8時前に現地に到着、開門まで時間があったので城の外周

を見てまわりました。(石垣を拡張した跡を発見)

 

f:id:Gorgon:20190908082447j:plain

 アップで見てみるとこんな感じです、隅石部分が埋められ拡張された

様子がわかります。

石垣の下部と左側(増設部分)は野面積で、右側上部は " 落し積み "

となっています。

 

落し積み

f:id:Gorgon:20190908084000j:plain

先程の写真の場所からすぐ右側(東)の石垣となります、見事なまで

の落し積みとなっています。

 

三の丸西側

f:id:Gorgon:20190908084615j:plain

姫路城の周辺にはこの様に猫が沢山います、人に馴れているので近づ

いたり触ったりしても逃げません。

猫の後ろの石垣にある出っ張りは " 横矢枡形 " で石垣を登ろうとする

敵に対して横矢をかける構造となっています。

 

桜門

f:id:Gorgon:20190908085300j:plain

往時この大手には3つの城門があり、とても堅固な造りとなっていまし

た。現在あるこちらの門は昭和13年(1938)に建てられたものです。

 

桜門にある矢穴石

f:id:Gorgon:20190908090250j:plain

桜門をくぐってすぐの右側にあるこちらの矢穴石、両端をよ~く見て

みるとまだ矢穴を開ける途中段階のものだと思われます。

何がどうしてこうなった…? 

 

三の丸広場

f:id:Gorgon:20190908091311j:plain

この広いグラウンドみたいな部分にはかつて、向御屋敷や武蔵野御殿

、西側には御居城と呼ばれる屋敷群が立ち並んでいたと伝えられてい

ます。

 

上山里丸

f:id:Gorgon:20190908092755j:plain

桜門から本丸を目指す前に、まず城の北東へと進み「帯郭櫓」と

太鼓櫓」の石垣を下から眺めるために移動します。

その途中にある下山里丸と上山里丸の石垣も見てみましょう。

 

 

f:id:Gorgon:20190908100147j:plain

秀吉の時代から現在まで5期にも及んで違いがあるなんて凄いですね。

 

 

f:id:Gorgon:20190908100419j:plain

丁寧な説明で助かります。

 

チの櫓

f:id:Gorgon:20190908100730j:plain

この上山里下段石垣は2段での構成となっており、1段目の上部が犬走り

のようになっている造りとなっています。

 

 

f:id:Gorgon:20190908101140j:plain

木の切り株が目立ちますね、この犬走りの部分に樹木が生えていたの

でしょうか?

 

太鼓櫓高石垣

f:id:Gorgon:20190908101534j:plain

 やはりここへ来て正解です!この下からのアングルが最高です!

まったくもって登れる気がしません。

 

帯の櫓

f:id:Gorgon:20190908102846j:plain

こちらの高石垣が、高さ約23.3mあり城内で1番の高さを誇る高石垣と

なっています。

石垣に勢いをつける視覚的効果をねらって、石垣隅部の天端石に向かっ

て中央付近から天端石を反りあげる「気勢い」の技法で積まれています。

 

排水溝

f:id:Gorgon:20190908104011j:plain

先程の高石垣から北東へ少し進んだ所にありました。

おもしろい!これは遺構なのか…?

 

姫路マラソン

f:id:Gorgon:20190908104623j:plain

この日は2019.2.10でたしかこの次の週がマラソンの日だったと思います。

この「揚羽蝶」のデザインがとても好きなので思わずパチリと一枚。

 

天守大柱

f:id:Gorgon:20190908105420j:plain

城北東の散策を終え、菱の門へと向かいます。その途中右手(東)に

このような標註を発見、早速覗いてみる事にしました。

 

f:id:Gorgon:20190908105810j:plain

 凄いですね、とても立派な木材です。

 

菱の門東側の石垣

f:id:Gorgon:20190908110407j:plain

ここ菱の門から先は有料エリアとなります、なので門をくぐる前に石垣

を見てまわります、矢穴や刻印は見当たりませんでした。

その代わりにこの先(東側)で石棺を見つけました、それについては

其の二で紹介したいと思います。

 

菱の門

f:id:Gorgon:20190908111020j:plain

三の丸から二の丸へと入るまさにこの城の主要路となる部分です。

鏡柱上部の冠木に木製の花菱が飾られています、だから菱の門というのか?

門の窓は、3つの竪格子窓とそれを挟みこむ形で華頭窓が設けられており、

その窓枠や格子に金箔の飾り金具が付けられ、とても華麗な装飾となっ

ています。

 

三国濠

f:id:Gorgon:20190908113236j:plain

姫山と鷺山の間に設けられた四角い濠となります。

説明看板があるので見てみましょう。

 

f:id:Gorgon:20190908113750j:plain

因みに三国濠の石垣には石垣の継ぎ接ぎの跡が見てとれます、探して

みて下さい。

 

るの門横の石垣

f:id:Gorgon:20190908114243j:plain

三国濠を東へと進むと、 " リの一渡櫓 " の石垣に突き当たります。

この石垣には写真にある様な継ぎ接ぎの跡が見てとれます。

説明看板があるので見てみましょう。

 

f:id:Gorgon:20190908114645j:plain

当日現場では気が付かなかったが、写真中央やや左側の一番下の石に

" 矢穴 " がある事を記事を書いている今、気が付いた…俺もまだまだ

だな。

 

るの門

f:id:Gorgon:20190908115231j:plain

 こちらは大手口から天守まで最短距離で行ける抜け道的な埋門で、中

は大人が1人通れる程度の広さとなっていて、かつては門扉がついていた

とされています。

 

f:id:Gorgon:20190908115946j:plain

なるほど、敵が攻めてきた時にこの埋門を使って遊撃隊を繰り出し、

奇襲を仕掛ける事も想定していたんですね!(この造り恐るべし!)

 

西の丸からの天守

f:id:Gorgon:20190908120454j:plain

ここで西の丸へと移動し、化粧櫓などを見ながら天守を目指す事にしま

した。西の丸へと入る坂を登りきった所でふと振り返るとこちらの風景

が目に入りました、朝日が当たり光り輝く白漆喰の壁に思わず一枚。

 

化粧櫓内部

f:id:Gorgon:20190908121120j:plain

千姫がこの櫓を休憩所とした事が名前の由来とされています。

この化粧櫓から天守が良く見える窓があったので、そこから天守を写真

に収めました。

 

化粧櫓からの天守

f:id:Gorgon:20190908121730j:plain

かつて千姫はどのような心境でこの白亜の大天守を眺めていたのだろ

うか?

 

千姫が…!

f:id:Gorgon:20190908122338j:plain

千姫の部屋を見てみると中には千姫の人形が1体……。こ、怖い!

 

十字紋瓦

f:id:Gorgon:20190908122640j:plain

「にの門」の破風上にある十字紋瓦で、当時キリシタンであったであろ

黒田官兵衛に関係があるとされていますが、真偽の程はわかりません。

 

天守をめざす

f:id:Gorgon:20190908190044j:plain

天守をめざしてグングンと登って行きます、それにしても凄い人の数。

 

石灯篭の基礎

f:id:Gorgon:20190908190425j:plain

 石灯篭の基礎石が上下が平で再利用しやすかったのだろうか?

 説明看板があったので見てみましょう。

 

 

f:id:Gorgon:20190908191323j:plain

ここ姫路城では探せばまだまだ転用石がありそうですね。

 

姥ヶ石

f:id:Gorgon:20190908191808j:plain

乾小天守の北側石垣に組み込まれている転用石となります。

説明看板があったので見てみましょう。

 

 

f:id:Gorgon:20190908192004j:plain

姥ヶ石の話は伝説(作り話)だったんですね。

 

水の二門

f:id:Gorgon:20190908192705j:plain

とても狭く造られている門で、門の向こう側は下り坂になっている造り

になっています。

通常天守は城において1番高い場所にあるため(例外もあります)侵入

してきた敵兵はこの門の先が下り坂になっているため天守に通じている

とは思わずに混乱させられる事をねらって造られていると言われています。

 

軒丸瓦

f:id:Gorgon:20190908193555j:plain

ここ姫路城には歴代城主たちの家紋が入った軒丸瓦と滴水瓦が多数使用

されています。

この逆三角形の形をした物が " 滴水瓦 " で雨水がこの部分をしたたり落ち、

地面にある瓦等で造られた排水溝へと落ちる事で軒先や漆喰の壁を雨水

から守る仕組みとなっています。

今回はここまで其の2へつづく。

姫路城

見所ポイント天守櫓群門多数石垣、濠、本丸、二の丸、三の丸、他多数。

駐車場:姫山駐車場、城の北駐車場、大手門駐車場等、約2000台駐車可能。

中間報告天正8年(1580)に若き日の秀吉が三層の天守を築き完成させた姫路城はその後、慶長6年(1601)池田輝政によって近代城郭として大きく拡張され変貌をとげました。現在でも残る大天守群はもとより、各種櫓、門など、とても見所があり(見所がありすぎて時間がいくらあっても足りない)一日中居ても飽きない程の大城郭で、訪れる者を魅了してやみません。もはや言うに及ばずの名城、姫路城について其の二でも色々と紹介していこうと思います。

其の二へつづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った人はクリックして下さい。
お城巡りランキング