ゴルゴンのお城巡りとB級グルメの旅

日本百名城スタンプラリー2周目にチャレンジしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。あと攻城団にも参加しています。


お城巡りランキング クリックしてね!

岐阜城登城! 日本百名城41城目 2011.3.31

岐阜城

別名: 稲葉山城金華山城、

所在地: 〒 500 - 0000  岐阜県岐阜市金華山天守閣 18

城地種類: 山城

築城年代: 建仁元年(1201)頃

築城者: 二階堂行政

天守の現況・形態: 三重四階・復興天守(RC造)

文化財史跡区分: 国指定史跡(2011年指定)

天守(復興)

f:id:Gorgon:20180321110841j:plain

平日ではあるが仕事が3日ほど休みになったので岐阜県、愛知県、滋賀県福井県の名城 8城(100名城)を巡る旅に出る事にしました。1城目はここ「 岐阜城 」へ。

岐阜城概要:

最初の岐阜城は、鎌倉時代二階堂行政により創築されたとされるが不明である。戦国時代斉藤道三が山城部分である稲葉山城と城下を整備した。それを美濃支配を推し進める織田信長が攻め落とし、岐阜城と改めて山頂に居住屋敷、山麓に居館を設けるなど居城として整備した。信長が安土城に移ってからは信長の子息や一門が入る。しかし、関ヶ原の戦いで城主織田秀信が西軍につき、その後池田輝政に攻められ開城し、廃城となった。明治時代に我が国で最初の観光目的の天守が再建されたが、昭和18年(1943)に焼失。現在の天守は昭和31年(1956)に再建されたものである。

と、手元の資料に書いてあります。

 

登山道(馬の背ルート)

f:id:Gorgon:20180321113248j:plain

せっかくなのでロープウェイではなく徒歩で山頂を目指す事に。

そこで幾つかルートがあったのですが、健脚者コースで登る事に

しました。(馬の背ルート)この選択は後で後悔することになります。

 

馬の背ルート

f:id:Gorgon:20180321113812j:plain

しばらく登ると写真の場所へと到達、木の根っこや岩盤がむき出し

の急斜面が目の前に立ちはだかります。(四つん這いポイント

写真では分かりにくいですが、かなりの角度です。

 

二ノ丸から

f:id:Gorgon:20180321114749j:plain

この日は3月31日でまだ肌寒い季節なのに、ここから写真を撮る

一人の男は何故か全身汗だくでした。(原因は馬の背ルート

近くにいた人達は(この人なんでこんなに汗だくなの?)みたい

な目で自分を見ます。

 

天守到着

f:id:Gorgon:20180321120752j:plain

昭和31年(1956)に完成した2代目の復興天守です。

加納城御三階櫓の図面などを参考に設計され、1997年には大改修

を実施し、色鮮やかな姿がよみがえりました。

 

 

f:id:Gorgon:20180321121446j:plain

なぜ加納城の御三階櫓なのかというと、岐阜城天守関ヶ原の戦い

の後に加納城二の丸へと移築され、そこで御三階櫓にされたから

です。

 

天守からの眺望(1)

f:id:Gorgon:20180321122138j:plain

まさに " 眺望 " とはこの事だと思わせる景色です。

青く澄んだ空と街並みが最高に美しい!

 

眺望(2)

f:id:Gorgon:20180321122511j:plain

往時、織田信長はここからの景色を見て何を考えたのだろうか?

妄想が膨らみます。

 

岐阜城資料館

f:id:Gorgon:20180321123117j:plain

岐阜城天守を出てすぐ近くに岐阜城資料館があります。

昔の武器庫、食糧庫を昭和50年4月に復元したもので、内部には

岐阜城関係の資料等を陳列しています。(100名城スタンプはここ)

 

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20180321123437j:plain

スタンプ設置場所岐阜城資料館入口

スタンプの状態: " 普通 " 左下がかすんでしまいました。

岐阜城

見所ポイント天守台、櫓台跡、門跡、井戸跡、石垣、天守からの眺望、等

駐車場:堤外(第一、第二)駐車場 乗用車:300円(1日単位、1時間までは無料)

総評金華山山頂に建つ天守からは360度の大パノラマが眼下に広がり、長良川濃尾平野を見渡せる。信長居館入口の復興冠木門や巨大な岩石群もどっしりとしており、信長の居城に相応しい雄大さである。と、手元の資料に書いてあり、まったくその通りだと思いました。

歴史に詳しくない人でも知っている、織田信長岐阜城は当然地元の人達からはとても愛され、そして尊敬されているので町の至る所で信長関連の絵や看板等を見掛けます。

そんな町の人々の気持ちが伝わってくるかのような空気感が、自分はとても好きです。

この素晴らしき岐阜城と城下町、そして信長公に週末あたり会いに来てはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った人はクリックして下さい。
お城巡りランキング