ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

浜松城登城!続日本100名城27城目      三方ヶ原の戦いと出世城~其の弐(完)

浜松城

別名曳馬城、出世城。

所在地: 〒430 - 0946  静岡県浜松市中区元城町100-2

城地種類平山城

築城年代: 1570~1582年(元亀元年~天正10年)

築城者徳川家康

主な関連施設浜松城天守(1階に続100名城スタンプ)

文化財史跡区分: 市指定史跡

浜松城天守

f:id:Gorgon:20200719214049j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城

発表しました、静岡県からはここ " 浜松城 " と 興国寺城 、諏訪原城

高天神城が選ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。

今回の浜松城をもって続日本100名城、登城 27城目とします。

浜松城概要:

1504~1521(永正年間)に今川貞相が遠江曳馬城を築城、その後1560年(永禄3年)に桶狭間の戦い織田信長により今川義元が討たれると、今川家のごたごたに乗じて家康が調略にて曳馬城を手に入れます。

1570年(元亀元年)に家康は本拠地を岡崎城からここ、曳馬城へと移し浜松城へと改名しました、その数年後の1573年(元亀3年)の三方ヶ原の戦いで惨敗した家康は、わずかな部下と共にここ浜松城へと逃げ帰っています。

幕末までの300年の間に徳川譜代の大名家が数多く入れ替わり、約26人が城主として入れ替わったとされています、その中から老中5人を筆頭に大阪城代京都所司代寺社奉行等の幕府の要職に就く者を多く輩出し、浜松城は " 出世城 " としてその名を広く知られる事になりました。

天守

f:id:Gorgon:20200719215433j:plain

 前回其の壱で紹介した天守門ですが、其の弐でもふれてみる事にします。

天守門に関する説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20200719222308j:plain

堀尾吉晴の築いたであろう天守は、資料が存在しないため詳細は分から

ないらしい。(天守台の大きさからすると、それなりの大きさだった?)

 

絵図の天守

f:id:Gorgon:20200719223005j:plain

1854年安政元年)浜松城絵図」には安政地震における浜松城の被害

状況が記されており、天守門の壁の一部が潰れはしたが深刻な被害を

免れた事が記されています。

注:(写真↑の絵図は「遠州浜松城絵図」)

 

f:id:Gorgon:20200719224828j:plain

何が凄いって、石垣の石の配列まで詳細に書かれている所が凄い!

この天守門正面図を作図した方は、恐らくは血液型A型であろう…。

 

f:id:Gorgon:20200719225630j:plain

こちらが天守門側面図となります。

16.5尺なので約5m位の幅ですね。

 

天守門内部

f:id:Gorgon:20200720213509j:plain

 天守門の内部となります、" 梁 " がとてもカッコいいですね。

地元の高校生達が一生懸命、鉋がけしただけあり美しい仕上がりです。

 

天守曲輪の井戸

f:id:Gorgon:20200720215557j:plain

場所は天守曲輪の埋門の近くにあります。

説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20200720220351j:plain

往時、10本もの井戸がここ浜松城にはあったんですね。

天守台の井戸については、後で紹介します。

 

算木積

f:id:Gorgon:20200720220823j:plain

天守へ行く前に天守曲輪を散策してみました。

そんな時に見つけたのがこちら↑ 隅石部分が算木積っぽくなっています。

場所によって隅石の積み方が違うので、それぞれ積まれた年代が違う

のか?または、修復等で違う形になったのか?とても気になります。

 

f:id:Gorgon:20200720222052j:plain

同じ天守曲輪の石垣でもこちらの隅石は算木積にはなっていません。

石垣の高さ的には、こちらの石垣のほうが高いのにもかかわらず。

一通り石垣を見学したので、いよいよ天守へと向かいます。

 

天守台石垣

f:id:Gorgon:20200720222634j:plain

天守台の石垣をよ~く見てみると、石垣上部と下部とで石材の大きさ

等が違うのが見てとれます。

天守台についての説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20200720224009j:plain

天守についての詳細な資料が今後、出てくる事を願わずにはいられない。

 

天守内部へ

f:id:Gorgon:20200720224439j:plain

現在は南側から階段を登って入り、カクっと右(東)に曲がってから

グルっと西側へ回り込む形となっていますが、本来はそのまま地階

(穴蔵)へ入る構造であったらしい。

 

地階の井戸

f:id:Gorgon:20200723081633j:plain

浜松城の地階(穴蔵)にある井戸跡となります、現在は埋められていて

水はありません。

説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20200723081928j:plain

これで、いざ籠城という時でも安心ですね。

 

天守内部

f:id:Gorgon:20200723082724j:plain

RC構造の浜松城天守内部は展示スペースとなっており、色々な展示物

を見学する事ができます。

 

天守からの眺望

f:id:Gorgon:20200723083322j:plain

ここ浜松城の周りには高層建築物が少ないので、天守最上階からの

眺めはとても良い。

 

f:id:Gorgon:20200723083552j:plain

空気の澄んだ晴れの日には、富士山も見えるそうです。

 

八幡台

f:id:Gorgon:20200723083920j:plain

天守の西側に張り出し、天守台よりも高い場所に位置するこちらの石垣

八幡大菩薩を祀っていた神社跡との事。

 

下城

f:id:Gorgon:20200723084535j:plain

天守台の大きさに対して、明らかに小さい模擬天守

堀尾吉晴の築いたとされる天守は、天守台の大きさからすると三重四階

程度の大きさの天守であった可能性が高いとの事。

ただ、資料等がほとんど残っていないので詳細は分からないそうです。

 

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20200723090521j:plain

スタンプ設置場所浜松城天守1階。

スタンプの状態: " やや悪い " スタンプがヘタってる?

スタンプの印影天守天守門の鉄板構図。

 

ご当地グルメ

f:id:Gorgon:20200723091501j:plain

浜松餃子

「3年以上浜松に在住して、浜松市内で製造されている餃子」が浜松餃子

の条件だそうです。

特徴:

浜松餃子の特徴としては、「円型状」に並べて焼いて中央に「もやし」

を付け合わせるという点が挙げられます。

こちらで食べました↓

https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22016676/

浜松城

見所ポイント:本丸、天守曲輪石垣天守、井戸、天守台、八幡台、等。

駐車場:緯度経度:34.713328, 137.726305   (120台程度・無料

総評:1573年(元亀3年)の三方ヶ原の戦いで家康が惨敗、逃げ帰った浜松城

その後、土の城から石垣の城へ、廃城になるまでの数百年間もの間、大勢の人達の生きざまや歴史を見てきたここ浜松城は、まさに歴史の生き証人として現在でも訪れる人に多くの事を語りかけてくれる気がします。

そんな不思議な感覚を感じさせてくれるここ浜松城に、週末あたり訪れてはいかがでしょうか。

浜松城・其の弐(完)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング