ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

紀伊新宮城登城 ! 続日本100名城 33城目 紀伊南東部の防衛拠点・総石垣造りの城~其の弐(完)

紀伊新宮城

別名:丹鶴城・沖見城。

所在地: 〒647 - 0081 和歌山県新宮市新宮7691-1

城地種類平山城

築城年代: 1601(慶長6年)

築城者: 浅野忠吉

主な関連施設新宮市立歴史民俗資料館(スタンプ)新宮市観光協会(御城印)

文化財史跡区分: 国指定史跡

水ノ手曲輪・舟入の石垣

f:id:Gorgon:20210606102828j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城を発表し

ました、和歌山県からは " 新宮城 " が選ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。

今回の 新宮城をもって続日本100名城、登城33城目とします。

2021.5.2登城。

新宮城概要:

1600年(慶長5年10月)浅野幸長紀伊入国、浅野忠吉が新宮領主となりました。1601年(慶長6年)に忠吉は新宮城の築城を開始、その後1615年(元和元年)に一国一城令で廃城となりますが、1618年(元和4年)に幕府の許可が下り再び築城に着手。その後浅野氏は三原へ移封、代わりに水野氏が新宮に入り新宮城の築城工事を継続し1633年(寛永10年)に水野氏の新宮城が完成しました。新宮城は総石垣造りの近世城郭で丘陵東部に本丸と天守台があり、熊野灘沖を行き来する船を見ることができたことから、沖見城とも呼ばれていました。紀州藩付家老水野氏が代々城主を務め、明治維新に廃城となりました。

新宮城案内図

f:id:Gorgon:20210606222437j:plain

こちらの案内図を参考にして、新宮城をレポートしていきます。

其の弐では本丸南側(屏風折)~出丸~水ノ手曲輪~二の丸南とレポートして

いきます。

尚、前回(其の壱)の記事はこちら↓

gorgon.hatenablog.jp

 本丸南側の高石垣

f:id:Gorgon:20210606104128j:plain

其の壱でも紹介したとおり、横矢掛の高石垣が素晴らしいですね。

時間が経つのを忘れ、見入ってしまいました。

 

f:id:Gorgon:20210606104548j:plain

隅石の迫力と、稜線の美しさが青空に映えますね。

権力・財力・技術力があっての高石垣ですね。

 

矢穴と刻印

f:id:Gorgon:20210606105303j:plain

ここ新宮城は総石垣造りの城なので、至る所に石垣や石積、転がっている石材

等があるので、この様な矢穴や刻印のある石を見る事ができます。

(この石は矢穴と刻印、両方ありますね!)

 

排水樋を下から

f:id:Gorgon:20210606105954j:plain

場所は案内図のCとなります。

和歌山城にも同じ物があったのを思い出します。

そのまま出丸方面へ進んで行きます↓

 

橋の跡

f:id:Gorgon:20210606110339j:plain

場所は案内図のDとなります。

発掘調査の結果、出丸と本丸は橋で繋がっていた事がわかったそうで、その

橋の架かっていた部分が今は石で埋められています。

 

出丸からの眺望

f:id:Gorgon:20210606110918j:plain

この出丸は隣接する熊野川熊野灘をよく見渡せる位置にあるので、見張り

台の役目も担っていたのかもしれません。

とにかく風が気持ちよく、最高の景色なので新宮城へ来たらここ(出丸)へ

立ち寄り、心地よい風と景色をご堪能下さい。

 

f:id:Gorgon:20210606111711j:plain

出丸の西側に排水樋を見つけました。

 

矢穴?

f:id:Gorgon:20210606112137j:plain f:id:Gorgon:20210606112213j:plain

本丸の西北西辺りの石垣に、こんな石がありました。

なぜに1つだけ?

次に熊野川沿いにある、水ノ手曲輪へと進みます↓

 

水ノ手曲輪

f:id:Gorgon:20210606112815j:plain

場所は案内図の⑦となります。

この辺りからは平成6年度の発掘調査で、多数の礎石建物群跡が発見されました。

建物跡の床面には、砂利が敷かれ炭の粉が堆積していたことから、1万俵もの

炭俵が収納可能な「炭納屋群」と想定されました。(説明版より引用)

 

f:id:Gorgon:20210606113633j:plain

城内消費用としては多すぎる数量であるため、熊野川流域の新宮炭(備長炭

を専売していた新宮城主、水野氏の対外的な経済活動用の施設であると考え

られています。(説明版より引用)

 

舟入

f:id:Gorgon:20210606114603j:plain

新宮炭(備長炭)を沢山積だ船が、熊野川から海へ出て各方面へ出荷されて

行ったのか…。(感慨深いな…)

 

f:id:Gorgon:20210606115516j:plain

場所は案内図のEとなります。

熊野川に面した水ノ手は、幕府が諸藩に命じて提出させた「正保城絵図(紀

伊国新宮城之図)」にも描かれており、築城当初から新宮城の重要な施設と

して機能していたと考えられています。(説明版より引用)

 

f:id:Gorgon:20210606120137j:plain

「新宮領にとって、とても重要な収入源だっんだろうな。」

そう思わせる程に、しっかりと造られた舟入でした。

 

舟入からの熊野川

f:id:Gorgon:20210606120552j:plain

舟入からふと、振り返り熊野川を見た時の写真がこちら↑

川の色がエメラルドグリーンですよっ!

なんと美しい景色でしょうか!

 

f:id:Gorgon:20210606121036j:plain

あまりに美しい舟入の石垣に、すっかり魅了されてしまいました。

「あ~、また来たいな~」と、思わせる水ノ手曲輪の舟入でした。

ここで、矢穴や刻印を探すために鐘ノ丸(二ノ丸)の南側に移動します↓

 

鐘ノ丸南側

f:id:Gorgon:20210606121750j:plain

場所は案内図のF~Gの間となります。

ここ新宮城の石垣は、人目につく場所の石垣の石は化粧が施され、矢穴や刻印

はそれ程見かける事がありません。

 

f:id:Gorgon:20210606122330j:plain

でも、あまり人が通らない場所や人が立ち入らない場所については、矢穴や

刻印を多数確認する事ができました。

 

f:id:Gorgon:20210606122728j:plain

ここ新宮城には、〇・△・✝ などの刻印が城内に69カ所あるとの事。

その「刻印マップ」なるものがあれば(マニア向け)嬉しかったなぁ~。

 

下城

f:id:Gorgon:20210606182420j:plain

これで新宮城の散策は終了、下城しました。

 

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20210606183034j:plain

スタンプ設置場所新宮市立歴史民俗資料館:33.72788 ,135.99737

スタンプの状態 " 屋内管理なので状態は良い。

スタンプの印影:石垣造りの枡形虎口。

 

ご当地グルメ

f:id:Gorgon:20210606183652j:plain

 さんま姿寿司:

さんまを用いた押し寿司で、三重県志摩半島から和歌山県に至る熊野灘沿岸一帯で食べられる。主に祝い事や祭りなどの際に作られる郷土料理。(Wikipediaより引用)

めはり寿司

和歌山県三重県にまたがる熊野地方を中心とした吉野地方の郷土料理。高菜の浅漬けの葉でくるんだ弁当用のおにぎり。弁当は熊野名産とされ、新宮市のものは特に有名であり、和歌山県の特産品として和歌山県推薦優良土産品に指定されている。

Wikipediaより引用)

 

御城印

f:id:Gorgon:20210606190025j:plain  

御城印販売場所:新宮市観光協会新宮駅前9時~17時)

        阿須賀神社 社務所(歴史民俗資料館横)

御城印のサイズ:通常サイズ。(日付は入りません)

御城印の値段¥:一枚300円。

紀伊新宮城

見所ポイント本丸、鐘ノ丸、松ノ丸、出丸水ノ手曲輪屏風折れの石垣、排水樋。

駐車場:① 丹鶴公園駐車場(無料)緯度経度:33.729593,135.992279

    ② 観光専用駐車場(無料)緯度経度:33.729693,135.990275

総評:ここ新宮城は紀伊半島の南東に位置し、熊野川の河口付近の山上に築城された総石垣造りの近世城郭となります。個人的に見所だと感じたポイントは主に3つ、①化粧が施された切込み接ぎの高石垣、②新宮炭(備長炭)の専売を物語る炭納屋跡と舟入の石垣群。③本丸や出丸からの眺望、特に出丸からの景色は最高です。もちろんこの3つ以外にも矢穴や刻印、排水樋など見所は沢山あり、ご当地グルメの「さんま姿寿司」も美味でした。こんな見所満載、景色も最高の新宮城へ週末あたり訪れてはいかがでしょうか。(もう一度訪れたい、心の底からそう思わせてくれる新宮城と城下町でした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紀伊新宮城登城 ! 続日本100名城 33城目 紀伊南東部の防衛拠点・総石垣造りの城~其の壱

紀伊新宮城

別名:丹鶴城・沖見城。

所在地: 〒647 - 0081 和歌山県新宮市新宮7691-1

城地種類平山城

築城年代: 1601(慶長6年)

築城者: 浅野忠吉

主な関連施設新宮市立歴史民俗資料館(スタンプ)新宮市観光協会(御城印)

文化財史跡区分: 国指定史跡

出丸から観る熊野川

f:id:Gorgon:20210530110406j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城を発表し

ました、和歌山県からは " 新宮城 " が選ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。

今回の 新宮城をもって続日本100名城、登城33城目とします。

2021.5.2登城。

新宮城概要:

1600年(慶長5年10月)浅野幸長紀伊入国、浅野忠吉が新宮領主となりました。1601年(慶長6年)に忠吉は新宮城の築城を開始、その後1615年(元和元年)に一国一城令で廃城となりますが、1618年(元和4年)に幕府の許可が下り再び築城に着手。その後浅野氏は三原へ移封、代わりに水野氏が新宮に入り新宮城の築城工事を継続し1633年(寛永10年)に水野氏の新宮城が完成しました。新宮城は総石垣造りの近世城郭で丘陵東部に本丸と天守台があり、熊野灘沖を行き来する船を見ることができたことから、沖見城とも呼ばれていました。紀州藩付家老水野氏が代々城主を務め、明治維新に廃城となりました。

新宮城案内図

f:id:Gorgon:20210601213833j:plain

こちらの案内図を参考にして、新宮城をレポートしていきます。

 

須賀神社

f:id:Gorgon:20210530174937j:plain f:id:Gorgon:20210530175641j:plain

新宮城へ行く前に、続日本100名城のスタンプを新宮市立歴史民俗資料館で押

します、場所はこちらの神社横にあります。(車のナビではダメでした)

緯度経度(駐車場):33.72788 ,135.99737

その後、新宮城のパンフレットと御城印を新宮市観光協会でもらい、新宮城へ

向かいました。

 

南曲輪南西の石垣

f:id:Gorgon:20210530180749j:plain

駐車場は無料で確認できた場所は2カ所でした。

① 丹鶴公園駐車場(無料)緯度経度:33.729593,135.992279

② 観光専用駐車場(無料)緯度経度:33.729693,135.990275

今回は②に車を停めて、南曲輪の石垣と大手の高石垣を先に見学してから公園

入口へと進みました。

 

大手門跡の高石垣

f:id:Gorgon:20210530182238j:plain

城の西側に位置する大手道(現在通行止め)にある大手門跡の高石垣となり

ます。(この辺りは整備がまだまだの場所で、これからに期待したい)

この大手道は通行止めなので、いったん南曲輪まで戻り、そこから公園入口

から案内図の②(大手道と土塀跡)へと向かいました↓

 

f:id:Gorgon:20210530182850j:plain

大手門跡からのルートは道が損壊していますが、ここからは江戸時代の大手道

が現在でも残っています。

 

松ノ丸西門跡

f:id:Gorgon:20210530210439j:plain

場所は案内図の②となります、石垣造りの枡形虎口で防御を固めています。

ここで右側(南)に顔を向けると、こんなものがありました↓

 

f:id:Gorgon:20210530210728j:plain

石垣から崩れ落ちた石でしょうか?大きくて重たいから放置されているのか?

 

松ノ丸西門・枡形虎口

f:id:Gorgon:20210530211118j:plain

現在では石垣のみが残っています。

この虎口がある松ノ丸(三ノ丸)は、大手道から水ノ手曲輪や本丸への通路

としてとても重要な曲輪であった事がうかがえます。

 

鐘ノ丸渡櫓門跡

f:id:Gorgon:20210530212133j:plain

この枡形虎口の先は「鐘ノ丸(二ノ丸)」で、この虎口の両脇を多門櫓で固め

ていたようです。

それでは、この先にある鐘ノ丸へと進みます↓

 

f:id:Gorgon:20210530213206j:plain

この新宮城において一番の広さを誇るのが、こちらの " 鐘ノ丸 " となります。

 

坤櫓からの眺望

f:id:Gorgon:20210530213651j:plain

場所は案内図のAとなります。

この鐘ノ丸には3基の櫓があったと、案内図に書いてありますが、櫓の名称に

ついては記されていません。(南西にあるので坤櫓と勝手に書きました…)

 

鐘ノ丸南側の高石垣

f:id:Gorgon:20210530214707j:plain

切り込み接ぎの布積で、綺麗に積まれた高石垣です。

素晴らしい!

ここで進路を東にとり、天守台石垣を目指します↓

 

天守台石垣

f:id:Gorgon:20210530215359j:plain

こちらの天守台は、1952年(昭和27年)の大雨で天守台石垣の一部が崩落し

てしまい現在に至ります。

この石垣の正面下に刻印があります↓

 

f:id:Gorgon:20210530220359j:plain

〇は確認できますが、それ以上は…?

ここで本来なら、本丸の南側に展開する " 横矢掛 " (屏風折れの石垣)を観に

行くのですが、それは最後のほうに残しておき(好きなものは最後に食べる派)

先に本丸と出丸を散策しに行きました↓

 

本丸渡櫓門跡&枡形虎口

f:id:Gorgon:20210530221803j:plain

場所は案内図のBとなります。

本丸への入り口となる、この部分の石垣は巨石を用いた " 切込み接ぎ " の石

垣で、訪れる者を圧倒する威圧感に満ちています。

写真では伝わりませんが、石の一つ一つが凄く大きい。

 

排水樋

f:id:Gorgon:20210530222933j:plain

場所は案内図のCとなります。

多雨地方の石垣によくみられる、水抜きの為の設備です。

城内に8基あると云われていますが、4基しか確認できませんでした。

 

本丸から観る出丸

f:id:Gorgon:20210530225519j:plain

本丸の北西に位置するこちらの出丸は、切り込み接ぎの石垣で囲まれ、独立

した曲輪となっています。

発掘調査の結果、本丸と橋で繋がっていた事が判明しています。

 

搦手門跡

f:id:Gorgon:20210530230455j:plain

本丸の東にある搦手門跡となります、場所は案内図の⑩となります。

石垣の上部、付け足してある部分がとても気になる…。(これは遺構か?)

 

本丸南側の高石垣

f:id:Gorgon:20210530231113j:plain

本丸南側の高石垣を、横矢掛の張出部分から撮影したのがこちら↑

高さはもちろんの事、この石垣の角度が凄い!

この後、天守台跡へと向かいました↓

 

天守台の矢穴

f:id:Gorgon:20210530232247j:plain

 こちらの天守台石垣は1952年(昭和27年)の大雨で崩れてしまったのですが、

崩れたせいで、本来見る事ができないはずの矢穴を見る事ができます。

 

横矢掛りの高石垣

f:id:Gorgon:20210601211636j:plain

場所は案内図の⑰となります。

石垣の稜線が幾重にも連なり、まさに圧巻の高石垣となっています。

ここ新宮城において、一番の見所ポイントと言っても過言ではないと思います。

 

隅石に注目!

 

f:id:Gorgon:20210601212137j:plain

ここ新宮城の石垣の特徴は、石の表面に化粧が施されている事と、石のサイズ

がとても大きい(隅石)事が挙げられます。

この写真では上手く伝わりませんが、実際に肉眼で見ると驚くほどの大きさ

です。

石垣の稜線がずれてる?

f:id:Gorgon:20210601212914j:plain

過去に幾度も大きい地震(宝永4年、安政元年、等)を経験している新宮城。

その時のずれなのかは分かりませんが、石垣の上部がずれてしまっています。

今回はここまで、其の弐では本丸南側(屏風折)~出丸~水ノ手曲輪~二の丸

南とレポートしていきます。

其の弐へつづく…。

紀伊新宮城

見所ポイント本丸、鐘ノ丸、松ノ丸、出丸水ノ手曲輪屏風折れの石垣、排水樋。

駐車場:① 丹鶴公園駐車場(無料)緯度経度:33.729593,135.992279

    ② 観光専用駐車場(無料)緯度経度:33.729693,135.990275

中間報告:ここ新宮城は紀伊半島の南東に位置し、熊野川の河口付近の山上に築城された総石垣造りの近世城郭となります。築城は西暦1600年以降と比較的新しいので、石垣も切込み接ぎで化粧が施され、とても精美な高石垣となっており、訪れる者を魅了してやみません。

其の弐でも、この素晴らしい高石垣を中心にレポートしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング