ゴルゴンのお城巡りとB級グルメの旅

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキング クリックしてね!

福知山城登城! 続日本100名城 21城目 明智光秀が築いた石垣造りの城~

福知山城

別名横山城、掻上城、

所在地: 〒620 - 0035 京都府福知山市字内記5

城地種類平山城

築城年代天正7年(1579)

築城者明智光秀

主な関連施設福知山市郷土資料館(スタンプ設置場所)

文化財史跡区分: 市指定史跡

天守

f:id:Gorgon:20190707103611j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城

を発表しました。京都府からは福知山城が選ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います、

今回の福知山城をもって登城 21城目とします。

福知山城概要:

丹波の国人、横山(塩見)信房を倒して丹波を平定した明智光秀が、横山城の場所に福知山城と命名し築いたのがここ福知山城の原型となるそうです。丘陵部に築かれた連郭式の平山城で石垣を用い、織豊系城郭の姿を今に伝えています。天守台石垣に五輪塔や宝篋印塔を流用した転用石が多く見られ、当時の石材調達の事情をうかがい知る事ができます。明治の廃城令で建物はそのほとんどが破却され残っていませんが、銅門番所が本丸に移築され今日に至ります。昭和61年(1986)に外観復元の天守が再建されまし

た。

天守東側

f:id:Gorgon:20190707110513j:plain

往時、天守の東側は法川を利用した濠が設けられていていました。

濠の幅は約52mあり、深さが約3m、水深が約1mあったとされています。

現在はここに昇龍橋が架けれていて、ここから橋を渡り登城するスタ

イルとなっています。(往時ここに出入口はありませんでした)

 

福知山城案内

f:id:Gorgon:20190707111330j:plain

福知山城の天守(郷土資料館)を利用する際には休館日等に注意が必要

ですね、平日の火曜日は休館日です。

 

いざ、参らん!

f:id:Gorgon:20190707111725j:plain

現在では本丸部分しか曲輪が残っていません、なので本来の大手門で

ある北側からではなく、昇龍橋を渡り美術館を通り過ぎた先にある

このスロープを登って本丸へと進んでいきます。

 

本丸東高石垣

f:id:Gorgon:20190707112613j:plain

スロープを登りきると本丸の高石垣がお出迎えします。

写真左の新しい石垣は模擬ですが、その先からは当時の石垣とされて

います。

 

f:id:Gorgon:20190707113438j:plain

折れをともなう、みごとな野面積でこの辺りからテンションが上がっ

てきます。

 

 

f:id:Gorgon:20190707113944j:plain

この階段を登ると本丸内へと入る事ができます。

ここでは階段を登らずにぐるりと本丸高石垣を見てまわり込み、本丸

北西部の入口から本丸に入る事にします。

 

 

f:id:Gorgon:20190707114805j:plain

 とても見事な野面積ですが、完全な自然石ではなくある程度手が加え

られた割石を使用している感じです。

 

本丸北東隅の高石垣

f:id:Gorgon:20190707130745j:plain

位置的には本丸の北東にあたる部分の石垣です、素晴らしいですね~!

石垣好きにはたまらない構図となっています。

(気になるのは土塀の一部が剥がれている事です)

 

 

f:id:Gorgon:20190707131959j:plain

剥がれた部分も気になりますが、やはり注目すべきは石垣隅部におけ

る石垣の勾配ではないでしょうか。

 

本丸北側の高石垣

f:id:Gorgon:20190707132627j:plain

本丸北側には小天守があり、本丸内からは小天守へ入る別の入り口が

ありました。(地階入口)

 

 

f:id:Gorgon:20190707133723j:plain

せっかくなので石垣を正面からじっくりと見る事にしました。

まったく形の違う石をよくここまで積み上げたものだと感心させられ

ます。

 

転用石の看板

f:id:Gorgon:20190707134135j:plain

本丸北西方向に位置するこの帯曲輪には、転用石とその説明看板があり

ますが、ご覧のとおりとても読みにくい状態となっています。

 

f:id:Gorgon:20190707135247j:plain

ここ福知山城の天守台からは多くの転用石が発掘調査によって見つかり

ました。その多くが近くの寺社仏閣から集められた五輪塔や宝篋印塔

などでその総数は500点にも及んでいます。

 

北西部の横矢

f:id:Gorgon:20190707140017j:plain

しっかりと横矢をかける為の " 折れ " が見てとれます。

 

本丸内へ

f:id:Gorgon:20190707140734j:plain

この小さい門から本丸内へと入ります。

 

銅門番所

f:id:Gorgon:20190707141141j:plain

こちらの番所はもともと二の丸の北西に存在した正門の脇にあった番所

で、昭和61年(1986)に現在の場所に移築されました。

この福知山城において唯一の現存建物となります。

 

 

f:id:Gorgon:20190707141708j:plain

その銅門番所の説明看板となります。

 

転用石置場

f:id:Gorgon:20190707141914j:plain

ここ福知山城では色々な場所にこの様に転用石が置いてあります。

また石に刻まれた年号で古い物は延文4年(1359)、新しい物は天正3年

(1575)となり光秀がこの地に来る前の物だった事が分かります。

全部で500点……。そりゃ、置場にも困るってもんだ。

 

福知山城天守(外観復元RC)

 

f:id:Gorgon:20190707142754j:plain

 福知山城は明治に廃城となっています、こちらの天守は昭和61年(1986)

に絵図や平面図を参考にして外観復元(RC造)で建てられました。

天守のタイプとしては2階建建物の上に望楼を載せた典型的な望楼型

天守が骨格となりますが、見て分かるようにとても特異な姿、形をして

おり今まで見てきたどの天守にもない異形の造形美みたいなものを感じ

ました。

 

天守台転用石

f:id:Gorgon:20190707165038j:plain

梵字が刻まれた五輪塔の基礎部分と思われる石が隅石に使われています。

転用石好きの人にはたまらない!そうです、もうこの時点でテンション

がかなり上っています。

 

f:id:Gorgon:20190707165854j:plain

こちらは宝篋印塔の基礎部分の転用石となります。

返花座(かえり ばなざ)と呼ばれる部分です。

 

 

f:id:Gorgon:20190707171518j:plain

" これでもかっ " と言わんばかりに転用石が石垣に組み込まれています。

ここ福知山城天守台は萌えポイントの宝庫です!

 

 

f:id:Gorgon:20190707172004j:plain

五輪塔も宝篋印塔も意味的には墓や供養塔みたいな感じなので、「なん

て罰当たりなっ」と思ってしまうのですが……。

明智光秀は当時、それだけ築城を急いでいたという事なのでしょうか?

それとも近くで良質の石が取れなかった為に石材不足だったのでしょうか?

どちらにせよ、手当たり次第にかき集めてきたのは間違いないようです。

 

 

f:id:Gorgon:20190707172528j:plain

仲よく2つ並べてみました!」みたいなノリで職人さんが積んだのか?

形はそっくりなのに石の色が違う、石材の種類が違うのか?

 

 

f:id:Gorgon:20190707173152j:plain

正方形のサイコロみたいな形状の石は宝篋印塔の塔身部分でしょうか?

写真下の細長いやつは何だ? 時間の経つのを忘れて見入ってしまい

ます。

 

豊磐の井(とよいわ のい)

f:id:Gorgon:20190707173753j:plain

本丸天守のすぐ近く、南東に位置するこちらの井戸は深さがなんと

50mもあるという。

早速説明看板を見てみましょう。

 

 

f:id:Gorgon:20190707174057j:plain

機械の無い時代に50mも掘ったとは!まったく頭が下がる思いです。

掘っている最中の酸素供給とか、どうしていたんだろうか…?

 

天守内部へ

f:id:Gorgon:20190707180807j:plain

天守入口は地階となっていて、まるで穴蔵構造のようです。

因みに天守内部の展示ルームはほとんど撮影禁止なので入場料を支払い

自分の眼でご覧になって下さい。

 

天守内部

f:id:Gorgon:20190707181210j:plain

壁や天井は木造風に造ってはいますが、床や階段はおもいっきり鉄筋

コンクリート仕様となっています。

 

天守最上階

f:id:Gorgon:20190707181618j:plain

天守最上階からの景色となります、標高が低いわりには良く街並みが

見渡せる感じになっています。

往時、光秀は天守最上階からどのような気持ちで城下町を眺めていた

のでしょうか?

 

スタンプ設置場所で

f:id:Gorgon:20190707182030j:plain

攻城団のチラシを見つけました、お城巡りをする際にとても便利なサ

イトなのでおススメです。

 

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20190707182558j:plain

スタンプ設置場所福知山市郷土資料館(福知山城天守入口)

スタンプの状態: " "  屋内管理で状態は良い。

        (フチにインクが付かないのでとても良い)

スタンプの印影: 本丸西南西からみる天守となります。

 

下城

f:id:Gorgon:20190707183105j:plain

天守内部から出て次のお城に向かうまえに思わず一枚。

因みに正面の石垣にある繋ぎ目ですが、光秀が築城した時の石垣に対し

て江戸時代に拡張した時の継ぎ足した跡となります。

以上をもって福知山城の登城レポートとします。

福知山城

見所ポイント:本丸、高石垣転用石、井戸、銅門番所、外観復元天守(RC)等。

駐車場:福知山城公園観光駐車場(60台)無料。

総評丹波を平定した明智光秀によって築かれ新たに命名された福知山城は、付近を流れる河川を濠として利用した縄張設計で、縄張の四方を防御する " 総構 " の城となっていました。現在では本丸部分以外は開拓され二の丸等の曲輪は残ってはいませんが、本丸主郭部には高石垣と天守を兼ね備えた織豊系城郭としての姿を現在まで残しています。特異な形状をした天守など見所は沢山ありますが、個人的に印象に残ったのは天守台に使用されている " 転用石 " で、正直ここまで使用しているとは思っていませんでした。大和郡山城とここ福知山城は転用石好きにはたまらない、まさに聖地といったところでしょうか。こんな見所多数の明智光秀ゆかりの城、福知山城に週末あたり訪れてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出石城登城!続日本100名城20城目      階段状に築かれた曲輪と高石垣~

出石城・有子山城

別名出石城(石城)有子山城(高城)

所在地: 〒668 - 0214 兵庫県豊岡市出石町内町

城地種類出石城平山城)有子山城(山城)

築城年代出石城・慶長9年(1604) 有子山城・天正2年(1574)

築城者出石城 (小出吉英)有子山城(山名祐豊)

主な関連施設: いずし観光センター(続100スタンプ設置場所)

文化財史跡区分出石城(市指定史跡)有子山城(国指定史跡)

お城坂(稲荷参道)

f:id:Gorgon:20190616081618j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城

発表しました。兵庫県からは出石城・有子山城黒井城が選ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います、今回の

出石城・有子山城をもって登城 20城目とします。

出石城・有子山城概要:

織田信長の但馬侵攻を受け此隅山(このすみやま)城を追われた山名氏が天正2年(1574)に築いたのが有子山城とされています、そして6年後の天正8年(1580)に豊臣秀長の攻撃により落城してしまいます。そして慶長9年(1604)に山頂の有子山は廃城となり、山麓の居館と曲輪を中心に出石城として拡張&改修が行われ近世城郭としての出石城が誕生しました。この時同時に城下町も整備され、「但馬の小京都」と呼ばれるほどに城下町が発展していきました。

駐車場(いずし観光センター)

f:id:Gorgon:20190616090241j:plain

観光センター前にある「大手前有料駐車場(70台)」に停めました。

ここ以外にも「西の丸有料駐車場(100台)」等があり、駐車場の心配

はいらないと思います。

ここ、いずし観光センター内に続100スタンプがあり、パンフレット

もこちらで貰えるので先に立ち寄ってから城跡へと行く事をお勧めします。

 

登城橋

f:id:Gorgon:20190616100425j:plain

現在の出石城出入口となっている「登城橋」ですが、こちらは近年に

作られた模擬の建造物となります。

出石城古図」によると当時、ここに川は無く作事小屋などの建物群

があったと記されています。

 

登城門

f:id:Gorgon:20190616101137j:plain

こちらの門も当時は埋門で現在のような高麗門ではありませんでした。

そもそもここは本来の出入り口ではありません。

そのような案内看板等が一切無いので、一般の人達はここが大手の登城

門だと勘違いしてしまいます。

(やはりきちんと看板等で説明を表記するべきではないでしょうか?)

 

野面積の石垣

f:id:Gorgon:20190616103054j:plain

登城門の西側にある石垣です、このまま西の丸の外周を石垣が囲って

います。石の質感が古い感じでとても雰囲気がでています、江戸時代

からの石垣と言われています。

 

隅石に矢穴

f:id:Gorgon:20190616103831j:plain

このような感じで西の丸の外周を野面積の石垣が囲っています。

よ~く見ると隅石に " 矢穴 " の跡が見てとれます。

この頃購入した「ミニ矢穴ずかん」という同人誌の影響を受け、石垣

を見ると必ず矢穴を探してしまうという謎の病気に悩まされています。

 

二の丸高石垣

f:id:Gorgon:20190616104925j:plain

先程の登城門(埋門跡)の先左側(東側)にある下の曲輪と二の丸と

を隔てる高石垣となります、印象としてはとにかく苔むした感じと石材

の色(黒く変色)が凄いので「おぉ~!」と、声がでてしまいました。

 

f:id:Gorgon:20190616110148j:plain

石垣をやや左から見てみます、あっ!隅石に矢穴跡を発見です。

なんだ、この症状は?やたらと矢穴が気になってしまう。

 

積直し?

f:id:Gorgon:20190616111027j:plain

二の丸の石垣を正面から見てみます、石垣下半分の間詰石はまるで子供

が遊びで小石を詰めたかの様にギュウギュウに詰められているのに対し、

上半分はとてもシンプルに出来ている感じです。

地震等で崩れた石垣を補修した跡でしょうか。

 

模擬櫓

f:id:Gorgon:20190616111704j:plain

当時、ここには隅櫓は無かったので模擬櫓となります、昭和43年(1968)

に町民の寄付により建築されました。

パンフレットにはここの石垣に刻印が見られると記載されていて、舐

めるように見回したが発見する事はできませんでした。

(詳しい場所を書いておいてもらいたかった)

 

 

f:id:Gorgon:20190616112901j:plain

模擬西隅櫓を正面から見た写真です、本来無かった場所に建てられた

模擬櫓ですが以外としっくりきていて驚きました。

ただ、その手の説明看板等が無い事に関しては、豊岡市さんに改善し

てもらいたいです。

 

模擬櫓の石垣

f:id:Gorgon:20190616113716j:plain

パンフレットに書いてある " 刻印石 " を探しまくるが刻印は見つからず。

目に入るのは " 矢穴石 " ばかり……。

 

渡櫓跡

f:id:Gorgon:20190616114428j:plain

パっと見た時に何だここは?と思いました。

パンフレットを読むと、往時ここには本丸とその下にある二の丸とを

結ぶ渡櫓がありました、と書かれていました。

全国的にみてもとても珍しい建造物だったみたいですね。

 

山里丸とお城坂

f:id:Gorgon:20190616115330j:plain

場所的には本丸と二の丸とを隔てる高石垣の東側の参道付近となります。

左手に見える石垣が山里丸の曲輪を囲む石垣となり、ここ出石城でもっ

とも印象的な " 矢穴石 " と出会う事になります。

 

山里丸の石垣

f:id:Gorgon:20190616120221j:plain

ここ山里丸の石垣は城内でもっとも新しい年代の石垣が残り、算木積

の隅石に矢穴が沢山見られます。

平成28年(2016)に改修工事を受け、現在のような整然とした姿の

石垣に生まれ変わりました。

 

印象的な矢穴石

f:id:Gorgon:20190616121200j:plain

この矢穴石を見た時、とっさにあるストーリー(妄想話)を思いつき

ました、それは……。

いい歳したおっさんが言うとドン引きされそうなのであえてしません。

 

山里丸曲輪

f:id:Gorgon:20190616220138j:plain

現在はこのような感じですが、当時はここに何があったのか?

資料を色々調べてみるが分かりませんでした。

 

水路の矢穴石

f:id:Gorgon:20190616220622j:plain

東隅櫓(模擬)の脇にある水路の蓋が見事なまでの矢穴石だったので

思わず一枚。

もう完全に病気と化しています、そう、強いて言うならばこれは「矢穴病」!

現代の医療技術を以ってしても治すことができない不治の病です!(笑)

 

本丸跡へ

f:id:Gorgon:20190616221459j:plain

いよいよ本丸跡へと到着です、写真にもあるとおりこの本丸の上部に

も曲輪があり(稲荷曲輪)階段状に連なる縄張りが展開されています。

 

稲荷曲輪高石垣

f:id:Gorgon:20190616222206j:plain

本丸の上部に位置する稲荷曲輪の高石垣がこちらとなります。

石垣の高さは約13.5mとなり、但馬地方では最大級の高さと規模を誇り

築城当時の力の入れようが計り知れる造りとなっています。

 

 

f:id:Gorgon:20190616222624j:plain

稲荷曲輪の高石垣を正面から見てみます、整然と積まれた石垣には苔

が生え数百年の時の経過を表わしているようであり、畏敬の念を込め

て暫くのあいだ見つめる事しかできませんでした。

 

 

f:id:Gorgon:20190616223859j:plain

正面から少し右側(西)へと移動して石垣を見てみます。

苔が良い味だしてますが、気になるのは石垣の孕みです。

わずかではありますが中央部分が若干孕んでいます。

 

稲荷曲輪東㟨高石垣

f:id:Gorgon:20190616224537j:plain

ここ稲荷曲輪東端の高石垣は広角レンズでも普通に構えては収まりませ

ん、やや斜めに構えてやっと収まる程の高さ&長さとなっています。

ここ出石城において一番の見所ポイントではないでしょうか。

 

 

f:id:Gorgon:20190616224921j:plain

そのすぐ横にこの様な " 折れ " がある石垣が展開しています。

横矢をかけるための造りでしょうか。

 

稲荷曲輪高石垣上から

f:id:Gorgon:20190616225307j:plain

稲荷曲輪の石垣天端からの風景となります、高さ13.5mとありますが

実際に見た感じだとそれ以上の高さに感じ、足がすくむ感覚を覚えます。

 

稲荷曲輪から見た城下町

f:id:Gorgon:20190616225846j:plain

写真はありませんが、直下の本丸南西部には「感応殿」があります。

" 戦国史上最も返り咲いた武将 " として語り継がれているあのマンガで

もお馴染の武将、" 仙石権兵衛秀久 " を祀っています。

仙石権兵衛秀久とは?

秀久は若き頃、織田信長に命じられ木下藤吉郎豊臣秀吉)に使えたとされています。

秀吉の出世と共に自らもいち早く大名へと出世をしました。

九州攻めでの失敗で秀吉の怒りに触れ改易となるも、小田原攻めで活躍し信州小諸城

として見事に返り咲きました。(秀久の死後仙石家は小諸~上田~但馬出石へと移封)

天下の大泥棒、石川五右衛門を捕縛したとの伝承があり石川五右衛門が盗もうとしていた「千鳥の香炉」を秀吉が褒美として与えたと言われています。

 

稲荷曲輪の井戸

f:id:Gorgon:20190617200821j:plain

稲荷曲輪の南西にある井戸となります、とても厳重に鉄柵で囲まれてい

るため井戸の中をうかがい知る事ができません。

 

有子山稲荷社

f:id:Gorgon:20190617201429j:plain

ここは本丸より上部に位置し出石城において最上段の場所になります。

ここに建つ有子山稲荷社は、小出吉英が城内鎮護のために有子山城の

稲荷社を移したものとも、旧領岸和田の稲荷社分霊を勧請したものとも

いわれています。(パンフレットより引用)

 

有子山登山口

f:id:Gorgon:20190617202405j:plain

先程の最上段の曲輪からこちらの山道を登って行くと、有子山城へと

行く事ができます、本来ならこのまま進むのですがこの時点で時間は

PM 15:00 空にいたっても今にも泣きだしそうな空模様。

今回はとても残念ではありますが登城を諦め、またいつの日か訪れる

事にしました。(断腸の思い)

 

ご当地グルメ

f:id:Gorgon:20190617203245j:plain

 出石そばとは?

上田藩より出石藩に国替えとなった仙石家が、蕎麦職人を連れてきたことに始まるとされています。

蕎麦は実を丸引きしていて、色と風味が強い蕎麦が特徴となっており、

挽きたて」「打ちたて」「茹がきたて」の“三たて”が伝統的な信条とされています。

 

スタンプ押印

f:id:Gorgon:20190617204710j:plain

続100名城のスタンプは " いずし観光センター内 " にあります。

ここでパンフレットとスタンプ、そして皿蕎麦 めぐりの巾着セットも

買えるので真っ先にここを訪れる事をお勧めします。

 

 

f:id:Gorgon:20190617205336j:plain

スタンプ設置場所:いずし観光センター内 

スタンプの状態: " " フチにインクが付かないので状態は良。

スタンプの印影: 二の丸から見る西隅櫓(模擬)が印影となります。

        気持ちは分からんでもないが、そこに櫓は無かった…。

出石城

見所ポイント:本丸、二の丸、稲荷曲輪、山里丸、西の曲輪、石垣、濠、虎口、等。

駐車場:大手前有料駐車場(70台)・西の丸有料駐車場(100台)等。

総評:この出石城・有子山城が何故、続日本100名城に認定されたのか?まずはその部分を理解してから登城する事がこのお城と城下町を堪能するうえで重要な事だと思いました。天正2年(1574)に当時但馬守護であった山名祐豊が築いた戦国期の有子山城の姿から天正8年(1580)の羽柴秀長の石垣を多用した城郭への移り変わり。これが前半のコンバージョンとなり、その後第2段階で慶長9年(1604)に小出吉英が有子山城の居館部を改築&増築して出石城を完成させ、元禄10年(1697)に松平忠周がこの出石に入部し、出石城を取り囲むように三の丸を構築し大きく拡張。これが後半のコンバージョンとなり、時代の流れとともに変化する縄張り、城郭のあり方の変化等がとてもよく分かる城跡となっている事が評価され、続100名城に認定されたのではないでしょうか。これら城の推移と共に城内に残る石垣等の遺構も良好な状態で残っていて、見所が多い城跡、城下町となっています。そんな魅力に満ち溢れた出石・有子山城へ週末あたり訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った人はクリックして下さい。
お城巡りランキング