ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

宇佐山城登城!             信長が近江で最初に石垣を用いた山城~

宇佐山城

別名: 志賀城、志賀要害、

所在地: 〒520-0027 滋賀県大津市錦織町宇佐山

城地種類: 山城

築城年代: 元亀元年(1570)頃。

築城者: 森 可成(もり よしなり)

主な関連施設宇佐八幡宮、近江神社。

文化財史跡区分: 指定無し。

城東側の石垣

f:id:Gorgon:20191208113351j:plain

 京都に用事があり(船岡山城にある建勲神社)近くを通ったので、

織田信長安土城より以前に石垣を積極的に用いたとされるここ

「宇佐山城」へせっかくだからと登城しました。(2019.11.3.登城)

f:id:Gorgon:20191208114847j:plain f:id:Gorgon:20191208114933j:plain

宇佐山城概要:

宇佐山城は元亀元年(1570)に織田信長が家臣の森 可成に命じて琵琶湖

の西側に築かせた山城となります。宇佐山城の戦いでは、浅井・朝倉連

合軍3万の軍勢によって攻撃されますが、城主森可成率いる1千~3千の

奮闘により落城は免れその後和議となり城は廃城となりました。

宇佐八幡宮をめざす

f:id:Gorgon:20191208121036j:plain

山の中腹にある「宇佐八幡宮」をめざします、そこには駐車場(5台位)

があるからです、この下に神社がありそこにも停められますが、そこから

宇佐八幡宮まで徒歩で25分位かかるでしょうか?なのでこの急坂を登っ

ていきます。(写真では伝わりませんが、すごい急坂です!)

 

駐車場から

f:id:Gorgon:20191208121614j:plain

駐車場から宇佐山城へと行くには、ここを真っすぐ(車止の小道)進み

ます、左側の石段を登って行くと八幡宮へと行ってしまいます。

 

まさかの登城口!

f:id:Gorgon:20191208122257j:plain

実は先程の駐車場で身支度をしていると、老夫婦の二人が山から下りて

きたので、「城の登城口は何処ですか?」と聞きました。

ここで道を聞かなければこのまま左へと進んでいた事でしょう。

因みに道なりに左へ進んで行くと、これまた宇佐八幡宮へとたどり着く

みたいです。(宇佐山城と書かれた看板がこの状態では…)

 

登山道が……。

f:id:Gorgon:20191208122929j:plain

ご覧の通りの感じなので、道がわかりにくい!

地元の小学生達が手作りで作成した看板だけが頼りです。

(倒れてるけど…)

 

f:id:Gorgon:20191208123211j:plain

とても静かな山の中で登山道も分かりにくい、この手作り看板が無けれ

ば途中で引き返していたかもしれない。(看板、倒れてるけど…)

 

 

f:id:Gorgon:20191208123643j:plain

ようやく道らしい感じになってきた、それでもちゃんと手作り看板が

案内してくれます。

(H21年と書いてあります、腐って倒れても仕方ありません)

 

看板に励まされる

f:id:Gorgon:20191208124109j:plain

薄暗くて誰も居ない山道で、気持ちが凹みがち…。

でも大丈夫!俺にはこの看板があるから!

おっちゃん頑張るやで!

 

f:id:Gorgon:20191208124526j:plain

ここ何処?って感じですが、立派な登山道です。(もはや獣道です…)

そしてこの上(写真左側)に石垣があります。(分かりにくい…)

 

石垣が見えた!

f:id:Gorgon:20191208124958j:plain

 ここまでの道のりがあんな感じだったので、喜びもひとしお。

秘境のジャングルで遺跡を発見した気分になりました。

 

 

f:id:Gorgon:20191208125631j:plain

城の東側斜面に積まれた野面積の石垣となります。

見事ですね~!苔むした感じが時の経過を感じさせます。

 

破城(城割)の痕跡?

f:id:Gorgon:20191208130258j:plain

側面はしっかりと残っているのに肝心要の隅石部分がご覧の通りとなっ

ています。

廃城とした時にわざと隅石部分を壊したのでしょうか?

 

 

f:id:Gorgon:20191208130604j:plain

講和の条件の中に、この宇佐山城の廃城が盛り込まれていたのではない

か?と言う話を聞いた事があります。

(本当かどうかは分かりません…)

 

石仏?

f:id:Gorgon:20191208131116j:plain

ここまで誰かが運んできたのでしょうか?

 

本丸下の石

f:id:Gorgon:20191208131253j:plain

ここ宇佐山城は総石垣造りではなかったと言われています、本丸や

二の丸の東側斜面を重点的に石が積まれていたとされています。

理由としてはやはり城の東側(琵琶湖側)に位置する街道や周りの城

に対する威厳の誇示や威嚇を意識しての物だったと思われます。

 

腰曲輪

f:id:Gorgon:20191208134729j:plain

本丸東部分にある腰曲輪となります、何かコンクリート片みたいな物

がありますが何でしょうか?

 

 

f:id:Gorgon:20191208135005j:plain

本丸と腰曲輪とを隔てる部分に積まれている石となります。

土止めのための石積でしょうか。

 

アンテナ施設

f:id:Gorgon:20191208135353j:plain

現在本丸部分にはNHKや民放のアンテナ施設が建っています。

 

謎の敷地?

f:id:Gorgon:20191208135735j:plain

こちらの鉄条網で厳重に囲まれている謎の敷地は、二の丸南端部分に

位置します。(不発弾でも埋まっているのでしょうか?)

やはり説明看板が必要ですね。

 

モノレール

f:id:Gorgon:20191208140352j:plain

本丸の西側斜面にはこの様に荷物運搬用のモノレールが設置されてい

ます、これに乗れば道に迷う事もなく、あっという間に山頂に到着で

きるのになぁ~…。

 

北曲輪

f:id:Gorgon:20191208140808j:plain

本丸の北側に離れた位置に展開する北曲輪となります。

ここ宇佐山城において唯一眺望が望めるのはこの先にある北曲輪の

北端で、晴れていれば琵琶湖を中心に最高の景観が楽しめます。

 

眺望

f:id:Gorgon:20191208142012j:plain

この日は生憎の曇天模様、晴れていれば最高の景色だったのに…。

地元小学生達が作成してくれた手作り看板のおかげでとても充実した

宇佐山城登城となりました、ありがとうございました。

下城途中に道を見失い、道に迷った事はあえて書きません。

(恥ずかしいので)

 

ご当地グルメ

f:id:Gorgon:20191208142658j:plain

 

近江ちゃんぽん

京風だしをアレンジした和風醤油味です。は海老や烏賊など定番の海鮮は一切入らず、豚肉と野菜だけです。は唐灰汁を使ったちゃんぽん麺ではなく、かんすいを使った中華麺を使います。調理方法も中華鍋で炒めるのではなく手鍋で煮込みます。あえて唯一の共通点を挙げると「具がたくさん乗った麺料理」という点です。

(ちゃんぽん亭ホームページから引用させていただきました)

感想:

身体に染み渡るような感じの優しい味でした、野菜もたっぷり入っており健康的          で、とにかくしつこくないので毎日食べたいなと思いました。

宇佐山城

見所ポイント:本丸、二の丸、三の丸(眺望)、竪堀、石垣、土塁、虎口、等

駐車場宇佐八幡宮5~6台、近江神社駐車場(登山道まで徒歩20分)。

総評:元亀元年に織田信長の命により築かれたここ宇佐山城は、近江では初めてあの安土城よりも先に石垣が採用されたといわれるちょっとすごい山城で、今回訪れる事ができ本当に良かったと思いました。

往時、森可成亡きあと宇佐山城に入り比叡山焼き討ちを準備、指揮した明智光秀が2020年の大河ドラマで放送される事から、おそらく来年以降は登山者が増える事が予想されます。

こんな貴重な石垣が残り、地元小学生の心温かさを感じられる山城「宇佐山城」に週末あたり訪れてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング