ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

武蔵小倉城登城!比企城館跡群の一角を担う城~

武蔵小倉城

別名: 無し

所在地: 〒355 - 0341 埼玉県比企郡ときがわ町田黒

城地種類: 山城

築城年代: 16世紀頃

築城者: 不明

主な関連施設:御城印(ときがわ町・建具会館)

文化財史跡区分: 国指定史跡。

郭3の石積

f:id:Gorgon:20210117093255j:plain

平成20年(2008年)に菅谷館・杉山城・松山城小倉城が比企城館跡群とし

て、国指定史跡に認定されました。

その小倉城へ行ってきたのでレポートします。

小倉城概要:槻川が大きく屈曲する場所に張り出す丘陵上に築かれ、大平山・正山に囲まれた天然の要害となっています。戦国期から交通の要所としてこの小倉城は、その存在意義が強く、城の縄張もしっかりと造られたものとなっています。また城主に関しては北条氏の重臣であった遠山光景とする説と松山城主上田氏とする説があります。

 

小倉城縄張図

f:id:Gorgon:20210122225357j:plain

小倉城への登城ルートは幾つもあるみたいですが、今回は駐車場がしっかりと

している " 大福寺 " 裏から登ることにしました。 

 

駐車場

f:id:Gorgon:20210117165712j:plain

 

臨時駐車場」とありますが、砂利がひかれており10台以上停められる感じ

でした。(緯度経度:36.031804, 139.298669 )

 

北側の枡形虎口

f:id:Gorgon:20210117170732j:plain

城域の北に位置する虎口です、説明看板があったので見てみましょう↓

 

 

f:id:Gorgon:20210117170947j:plain

岩盤を掘削し、更に石積までして堅牢性を高めているんですね。

因みにこの虎口の東側斜面に竪堀が3条あるらしいのですが、藪で確認できま

せんでした。

 

本郭北東の虎口

f:id:Gorgon:20210117171347j:plain

坂虎口となっているこちらの虎口は、本郭の北東に位置しています。

説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20210117172145j:plain

ここにも石積が施されていたのですね、かなりしっかりとつくり込まれた山城

である事がうかがえます。

 

本郭広場

f:id:Gorgon:20210117172423j:plain

縄張図で郭1と表記されている郭(本郭)となります。

説明看板があったので見てみましょう↓

 

f:id:Gorgon:20210117172924j:plain

看板にも書かれているとおり、ここが本郭で間違いないと思います。

そしてこの本郭には段差があり、その段差に関しての記述は看板にもパンフ

レットにもありませんでした。

 

f:id:Gorgon:20210117173316j:plain

この郭は北東と南西で、このように段差により区画されています。

この1段高いほうの郭は、城主や重臣達のスペースだったのかもしれませんね。

ここで本郭の南にある郭3を見に行きます↓

 

郭3の岩盤堀切

f:id:Gorgon:20210117173811j:plain

場所は縄張図の①となります、こちらの空堀は横堀形状の岩盤堀切で、本郭

の東虎口から南東の麓へと下る尾根筋を断ち切っています。

 

郭3からみる本丸東虎口

f:id:Gorgon:20210117210216j:plain

往時ここには木橋が架けられていて、郭3と本郭とを行き来できるようになって

いたそうです。(個人的にはこの場所が一番すきです)

 

郭3広場

f:id:Gorgon:20210117210845j:plain

見事に削平されていることから、相当量の土木量だと思われます。

 

郭3に施された石積

f:id:Gorgon:20210117211327j:plain

郭3の切岸を囲むように積まれたこちらの石積は、総延長130mにもおよび最も

高い場所においては5mもあったとか!(発掘調査後に埋め戻し)

 

 

f:id:Gorgon:20210117211833j:plain

キレイにしっかりと積まれていますね、使用されている石材は、結晶片岩

緑泥石片岩となっています。

これで郭3の散策は終了、本郭へと戻り郭2~大堀切~郭4へと進みます↓

 

本郭南西の囲み土塁

f:id:Gorgon:20210117212647j:plain

現在では埋め戻されていますが、郭1の東虎口から南虎口を結ぶ土塁内側には

三段の雛壇状に構築した石積みが確認されました。

 

本郭・南西虎口

f:id:Gorgon:20210117213957j:plain

この虎口を通り、郭2へと進みます↓

 

郭2

f:id:Gorgon:20210117214740j:plain

ここ小倉城において本郭の次に大きな郭となります、2020.11.22現在この辺り

もかなり整備が進んでおり、とても歩きやすく見学もしやすくなっています。

 

郭2西の大堀切

f:id:Gorgon:20210117215444j:plain

場所は縄張図の②となります、ここ小倉城において一番大きな堀切となります。

 

 

クランク部分

f:id:Gorgon:20210117220821j:plain

この堀切の見所は、クランク状の横堀から両脇が竪堀となって郭2と郭4を完全

に遮断している所です。

そしてこの場所は櫓台(推定)で、このクランクの部分から横矢をかけて敵

を攻撃する防御施設であったと思われます。

 

f:id:Gorgon:20210117221234j:plain

大堀切の堀底部分となります、堀底は少し埋もれてしまっているのかな?

発掘調査はしたのでしょうか?本来の姿がとても気になります。

 

竪堀

f:id:Gorgon:20210117222011j:plain

先程の大堀切のクランクから、竪堀として斜面を下っていきます。

場所は縄張図の③

ここで郭5へと下りる道があるので、下っていき竪堀を下からみてみます↓

 

 

f:id:Gorgon:20210122213839j:plain

現在の小倉城において、一番はっきりと明瞭に確認できる竪堀となっています。

 

横堀と切岸

f:id:Gorgon:20210122214225j:plain

城の南に位置する郭5へと向かう途中にある帯郭の横堀となります。

だいぶ埋まっていますが、横堀の姿は確認できました。

 

f:id:Gorgon:20210122214650j:plain

郭5へと向かう途中にある " 段郭群 " の風景となります、この辺りには連続して

5つほどの郭が段々に配置されており、割と斜面が緩い城の南西側の防御として

機能していたものと思われます。

 

郭5

f:id:Gorgon:20210122215505j:plain

この郭5がどの様な位置づけ(目的)の郭であったのか?

ある資料では「郭5は水の手郭的な要素も持つ」と書いてありますが、井戸跡

がある沢まではかなり距離がある……。

 

郭5東の竪堀

f:id:Gorgon:20210122221219j:plain

藪で見えにくいうえに、竪堀が埋もれてしまっているので、こんな感じです。

これで小倉城の散策は終了、このまま南へと下り(南登城口)下城しました。

 

f:id:Gorgon:20210122222742j:plain

郭5を南下し、沢沿いの道を進むとこちらの南登城口へと着きました。

ここから登る場合、駐車場は無いので徒歩でここまで来なければなりません。

 

小倉城ログ

f:id:Gorgon:20210122223713j:plain

1時間26分で2.1km、比高は約120mなので気軽に訪れることができる山城です。

 

 

f:id:Gorgon:20210122224159j:plain

近年、とても良く整備がなされ、軽装でも訪れることができます。

武蔵小倉城

見所ポイント:本郭、北虎口、東虎口、郭2、郭3、郭3の石積大堀切、竪堀、等。

駐車場:城の南東にある大福寺の臨時駐車場(36.031804, 139.298669 )

総評秩父地方と関東平野の境目に位置するこの辺りは、戦国期においてはとても重要な地域であったと予想されます。

この小倉城も当然そうした重要拠点の一角を担う城として機能していたはずで、その見事な縄張構成からなる城域の遺構はとても見所があり、訪れた者に感動と満足感を与えるものとなっています。

こんな見所満載の山城、武蔵小倉城に週末あたり訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング