ゴルゴンの登城備忘録

2018.4月スタートの続日本100名城スタンプラリーをメインに活動をしています。お城の散策と同時に地元B級グルメも堪能します。


お城巡りランキングクリックしてね!

八幡山城登城!続日本100名城 24城目     築城から10年で廃城になった山城~其の1

八幡山城

別名:八幡城、近江八幡山城、

所在地: 〒523 - 0828 滋賀県近江八幡市宮内町

城地種類: 山城

築城年代: 1585年(天正13年)

築城者羽柴秀次

主な関連施設近江鉄道八幡山ロープウェイ(山頂にスタンプ設置)

文化財史跡区分: まさかの指定無し(それで良いのか?)

秀次居館跡の石垣

f:id:Gorgon:20200224185741j:plain

2017年4月6日の「城の日」に財団法人日本城郭協会が続日本100名城

発表しました、滋賀県からはここ " 八幡山城 " と鎌刃城が選ばれました。

スタンプを押したうえで登城数をカウントしたいと思います。

今回の八幡山城をもって続日本100名城、登城 24城目とします。

其の一では秀次居館跡とその周辺からレポートしていきたいと思って

います。

八幡山城概要:

琵琶湖南東の標高約285mの丘陵地に、近江など43万石の領主となった秀次(秀吉の甥)の居城として築かれた山城で、詰めの城と山麓居館部とに分かれている中世城郭の特色をもつ山城です。(それでいて総石垣造りという近世城郭の特徴も持っていた?)

その後秀次は1590年(天正18)小田原平定の後、清州城へと移封、秀吉の養子となり関白に就任するも秀頼の誕生により謀反の疑いをかけられ自刃させられ、1595年(文禄4年)に築城からわずか10年で廃城となりました。

秀次居館跡鳥観図

f:id:Gorgon:20200224193037j:plain

 

出典元:「余湖君のホームページ」http://yogokun.my.coocan.jp/ 

こちらの「余湖君」さんが作図された鳥観図とても見やすく、素晴らしい

鳥観図なので毎回山城に持っていってます。

 

城下到着

f:id:Gorgon:20200224210533j:plain

こちらの「日牟禮八幡宮」の鳥居をくぐり、橋を渡った先に駐車場

(無料)があります。

 

八幡堀

f:id:Gorgon:20200224211036j:plain

風情溢れる運河の景色となります、こういう景色を見ると「旅ってい

いなぁ~」と思います。

この八幡堀の説明看板があったので見てみましょう。

 

 

f:id:Gorgon:20200224211509j:plain

なるほど、琵琶湖から水を引き込み運河として多くの物資を運搬する

事により、城下町の経済的発展を図ったんですね。

 

日牟禮八幡宮

f:id:Gorgon:20200224211944j:plain

読み方は(ひむれ はちまんぐう)

とても由緒ある神社で、七五三などの時期にはとても賑わいます。

この道路をはさんで向かい側が無料の駐車場(70台程)となっています。

駐車場の緯度経度:35.140999 , 136.089185 となります。

 

道路沿いの矢穴石

f:id:Gorgon:20200224215247j:plain f:id:Gorgon:20200224215341j:plain

八幡堀の鳥居~日牟禮八幡宮~八幡公園までの街道沿いには写真にある

ような矢穴の開いた石が数えきれない程あります。

 

f:id:Gorgon:20200224215930j:plain f:id:Gorgon:20200224220106j:plain

この他にも沢山ありましたが、キリがないのでこの位にしておきます。

因みに矢穴は1寸程度しかないので、城の遺構とは関係無いようです。

 

豊臣秀次銅像

f:id:Gorgon:20200224220736j:plain

八幡山城へ行く前に " 豊臣秀次居館跡&石垣 " を見に行きます。

その途中にある秀次公の銅像となります。

(人気の無い場所にひっそりと立っています)

 

説明看板

f:id:Gorgon:20200224221830j:plain

ここ八幡山城は主郭部の詰めの城と、山麓の居館がはっきりと分けら

れている中世城郭的な造りなので、やはりこの城跡を堪能するならば

山頂の詰めの城と山麓の居館跡をセットで見学する事を強くお勧めし

ます。

 

居館跡の大手道

f:id:Gorgon:20200224222523j:plain

現在この秀次居館跡と家臣団館跡群は、個人所有の竹林となっている

ので敷地内(曲輪内)に入って見学する事はできません。

なので階段状の通路沿いに石垣等を眺めるだけとなります。

 

家臣団館跡の石垣

f:id:Gorgon:20200224223043j:plain

山の斜面を掘削、整地し、雛壇状に高石垣によって仕切られた造りと

なっています。

 

 

f:id:Gorgon:20191104121542j:plain

曲輪内は私有地で立入禁止なので、見学通路から石垣を見ます。

家臣の屋敷跡でもかなりの高石垣となっており、権力と資金力がかなり

のものであった事をうかがい知る事ができます。

 

鏡石

f:id:Gorgon:20191104121618j:plain

秀次居館跡下には写真のような大きな石がいくつか存在します。

 

虎口東側の石垣

f:id:Gorgon:20191104121646j:plain

秀次居館跡前には内枡形の虎口があり、その東側には4段の階段状に

積まれた石垣により曲輪と虎口が形成されていました。

 

虎口西側の石垣

f:id:Gorgon:20191104104944j:plain

秀次居館跡の虎口西側の高石垣となります、こちらは虎口部分と被ら

ないので2段の石垣により各曲輪が構成されています。

南側(下段)の家臣館にある石垣とは、明らかに使用されている石の

大きさが違います。

 

山頂の主郭部へ

f:id:Gorgon:20191104104405j:plain

本来であれば麓から徒歩で登るのですが、1泊2日での滋賀県遠征なので

時間がありません、なのでこちらのロープウェイを利用します。

尚、山頂のロープウェイ乗場に「続100名城のスタンプ」があります。

 

f:id:Gorgon:20191104101033j:plain

ロープウェイを降りた所にある現在地看板です。

ここ八幡山城は史跡としての整備があまりされていないので、(残念)

ある程度自分の頭の中で、往時の縄張構成を想像しながら散策するの

がいいと思います。

 

石垣

f:id:Gorgon:20191104105158j:plain

先ほどの看板からすぐ先が二の丸となり、そこから石垣が現れてきます。

 

 

f:id:Gorgon:20191104092554j:plain

石垣は野面積みで、隅石は算木積になっていません。

織豊期の石垣でも、まだ過渡期のものでこれから急速に石垣の技術が

発展していく事になります。

 

 

f:id:Gorgon:20191104092956j:plain

隅石を下から見てみます、稜線を見ると石垣が孕んでいるように見え

ます。(山頂で400年も経てば当然か)

このままではいずれ「石垣が崩れてしまうのではないか?」と、心配

になってしまいます。

 

西の丸跡

f:id:Gorgon:20191104110207j:plain

本丸の西側に石垣で囲まれた曲輪で、北側に琵琶湖を望む事が出来ます。

この曲輪には猫が棲んでいるみたいです、何匹か写っていますね。

 

 

f:id:Gorgon:20191104093444j:plain

母猫を入れて5匹はいたでしょうか?

写真左端にいる濃いめの " サバトラ模様の子 " を覚えておいて下さい。

其の二で印象的な再会を果たしますので……。

 

西の丸からの眺望

f:id:Gorgon:20191104110419j:plain

全体的に雑木が生い茂っているここ八幡山城において、眺望の良さから

解放感が得られる数少ないスポットの一つとなっています。

 

本丸付近の石垣

f:id:Gorgon:20191104093849j:plain

西の丸から移動し、本丸付近の石垣の隅石をみていました。

矢穴の開いた石もあり、しばらくの間ここで写真を撮っていると……。

今回はここまで。

其の2ではこの場所でのある出会い~二の丸~本丸~北曲輪へとレポート

していきます。

八幡山城

見所ポイント秀次&家臣居館跡の石垣、本丸、二の丸、西の丸、高石垣、その他。

駐車場:緯度経度:35.140999 , 136.089185 

    日牟禮八幡宮の向かい側に無料の駐車場(70台程)。

中間報告豊臣秀吉の甥である秀次の居城で、山頂の詰めの城と山麓居館部からなる縄張りで構成されており、現在においても割とそれらの遺構が残るとても貴重な山城だと思いました。

最初に行った秀次居館跡と家臣団居館跡の曲輪と高石垣は、鬱蒼とした竹林と化してはいましたが、高石垣がよく残っており見る価値はあります。(今後の整備等に期待)

其の2につづく…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はクリックして下さい。
お城巡りランキング